FC2ブログ

2018年、鉢植え蕎麦刈り取り作業。

強烈な台風2発が通過し 倒れた店前の鉢植え蕎麦

DSC04565_convert_20181015142751.jpg

ハサミを使い

DSC04567_convert_20181015144646.jpg

1本づつ、丁寧に

DSC04568_convert_20181015143854.jpg

刈り取りました

DSC04569_convert_20181015145009.jpg

実のつき方は

DSC04570_convert_20181015145915.jpg

過保護に育てた甲斐があり、豊作です

DSC04572_convert_20181015142621.jpg

上質な蕎麦の実です

DSC04575_convert_20181015150150.jpg

追熟させず 手でむしり取り脱穀し 葉とゴミを簡単に

DSC04576_convert_20181015143116.jpg

取り除きました。

DSC04577_convert_20181015145813.jpg

数日後に、家裏何茶って蕎麦畑の蕎麦刈りを行います

冒険家・S

2018年、アツモリソウ繁殖作業(第1弾)。

超~~~希少種のアツモリソウを絶やさない様に、あちらこちらに移植植えしていましたが(婆様
それを私が引き継ぎました

DSC31293_convert_20181010202445.jpg

花も咲かず

DSC31294_convert_20181012190215.jpg

土が合わなく

DSC31295_convert_20181010204428.jpg

このままだと絶えてしまうので、絶える前に再移植

DSC31296_convert_20181010202822.jpg

こちらのアツモリ

DSC31297_convert_20181010204342.jpg

同じ様に

DSC31298_convert_20181010204723.jpg
DSC31299_convert_20181010204920.jpg
DSC31300_convert_20181010204141.jpg

掘り起こし作業。

DSC31301_convert_20181010203316.jpg

そこに数年前から鉢植え育てしていた、アツモリソウ

DSC31302_convert_20181010204524.jpg

鉢植えのアツモリを掘り起こしますと、新芽が

DSC31303_convert_20181010205003.jpg

同じく残りの鉢植えも掘ると

DSC31304_convert_20181010203944.jpg

来年度の

DSC31305_convert_20181010203009.jpg

新芽が

DSC31306_convert_20181010202930.jpg

芽吹いていました

DSC31307_convert_20181010202635.jpg

素晴らしい

DSC31308_convert_20181010203055.jpg

ここに私の過去の経験を活かし、色々な土をブレンド配合
これが1番大切です
経験上、基本となる土台の土が、何と言っても大事

DSC31309_convert_20181010202530_20181015174032aa5.jpg

この新芽の価値は

DSC31310_convert_20181010202740_201810151740330d2.jpg

1芽 数万円はするのです

DSC31311_convert_20181010202707_20181015174035e71.jpg

その数万円価値のある新芽が

DSC31313_convert_20181010203235_20181015174036785.jpg

ボッコボコ、来年に向けて準備していました
これを見て喜べる
ド変態です

DSC31314_convert_20181012190306.jpg

番号を書き

DSC31322_convert_20181010203445.jpg
DSC31323_convert_20181010203358.jpg

数字は、新芽の数です

DSC31324_convert_20181010203717.jpg

その数は、実に20芽

DSC31321_convert_20181010203641.jpg

来年度に全ての20芽が芽吹くのを祈りますが 20芽 仮に芽吹いても、花が咲くのは3分の1が咲けば良いかな
芽と茎、葉が全て大きくなった時に、やっと花が咲くので、数年は芽吹きで終わりますが
それを根気良く育てるのが、満開への大一歩なので、随時UPして行きますから、その過程も楽しみに、このヘッポコブログを回覧して見て下さい
超~~~希少種アツモリソウ群を咲かせ育てるのが私の小さな夢です

冒険家・S

2018年、気温の大幅低下。

夕暮れが綺麗になると、放射冷却の影響で

DSC04513_convert_20181012191040.jpg

気温は激下がり
3.5℃と冷え込みました

DSC04517_convert_20181015142357.jpg

日曜日には、大気が不安定な為に、雹が降りました
写真では分かりづらいですが 3分程、雹が降り驚き

DSC04580_convert_20181015142927.jpg

台風通過後の落とし物とし、暖気が入り 暖かい日が続いたので、今年の紅葉は今一綺麗ではないです
しかし、霜が降りる程の気温が低下すると生える。
名の如く、シモフリシメジ

DSC04518_convert_20181015145300.jpg

気温の低下と四季が織りなす日本
素敵な田舎 
最高です

冒険家・S

2018年、食材探しで、きのこ狩り。

奥さんの戸隠出身の親友が名古屋から帰省すると、急遽、私に連絡が入り
旬の極上食材である、きのこを探しに、そば打ち後に、チョイ店を抜け出し お山へ

DSC04418_convert_20181012192505.jpg

GO

DSC04419_convert_20181012191528.jpg

運良ければ、チョイ遅い天然舞茸をと探しましたが 時期的に遅いし、まぁ~~~無理でしょうと言うか、そう簡単には、生えて無いです
若干、流れ気味のナラタケを見つけ

DSC04420_convert_20181012193457.jpg

一応GET
これで、坊主(0・何も採れない)は回避

DSC04421_convert_20181012193737.jpg

ハナイグチも見つけ

DSC04422_convert_20181012191152.jpg

GET

DSC04423_convert_20181012191750.jpg

良いペースじゃないですか

DSC04424_convert_20181012191450.jpg

出だし好調

DSC04425_convert_20181012192341.jpg

良いの見つけました
チャナメツムタケ(ジナメコ)

DSC04426_convert_20181012191718.jpg

幼菌ですが

DSC04427_convert_20181012190854.jpg

プチ群生で

DSC04429_convert_20181012194835.jpg

発見したのでGET
このチャナメツムタケ、マジ美味いし 良い出汁出ます。

DSC04430_convert_20181012191341.jpg

そしてこれ、大物発見

DSC04434_convert_20181012192908.jpg

ナラタケ

DSC04435_convert_20181012194452.jpg

クリタケ

DSC04436_convert_20181012200448.jpg

ナラタケは、若干遅く、流れ気味

DSC04437_convert_20181012194408.jpg

流れ掛けギリギリ

DSC04439_convert_20181012194540.jpg

この大きさ(比較)

DSC04440_convert_20181012191604.jpg

ナラタケボール
これを手の上に、持っているだけで、私の頭は、興奮MAX状態
こんな極上品を発見 GETしただけで、昇天しそうです(嬉しいだけの自己満足

DSC04442_convert_20181012191959.jpg

昨年より、10日間程、ズレて生えてきた感じのナラタケ幼菌

DSC04443_convert_20181012194250.jpg

ガンガンとGETし

DSC04444_convert_20181012194633.jpg

竹ビクとビニール袋が満杯になり

DSC04445_convert_20181012194930.jpg

1度、店へ帰宅

DSC04447_convert_20181012191914.jpg

まさかまさか、こんなに生えているなんて・・

DSC04448_convert_20181012195023.jpg

出直して、準備万端に再山に入るもFEVERは、止まらず確変状態

DSC04449_convert_20181012195734.jpg

人生初かな

DSC04455_convert_20181012190937.jpg

このナラタケ群

DSC04457_convert_20181012190805.jpg

面白い程の生え方

DSC04456_convert_20181012191014.jpg

ボコボコと

DSC04458_convert_20181012194334.jpg

生えていました

DSC04459_convert_20181012195605.jpg

株物で生えていて、採りきれなく

DSC04460_convert_20181012201426.jpg

流れていて(成長し過ぎて融ける)3分の1は、腐っていました 勿体無い

DSC04462_convert_20181012191114.jpg

また満杯になったので、まさかの2度目の帰宅

DSC04463_convert_20181012190140.jpg

3回目の再々山へ

DSC04464_convert_20181012200052.jpg

クリタケ幼菌

DSC04465_convert_20181012191646.jpg
DSC04466_convert_20181012191256.jpg

ナラタケを処理し

DSC04467_convert_20181012200546.jpg
DSC04469_convert_20181012202740.jpg
DSC04470_convert_20181012202813.jpg

塩漬けします。

DSC04471_convert_20181012194157.jpg

これは私の個人用

DSC04473_convert_20181012190716.jpg

8㍑バケツ満杯に、お店用は、特大樽2杯に満杯に漬けます。

DSC04474_convert_20181012191224.jpg

裏MENUの鴨肉つけ汁を作り。

DSC04549_convert_20181015151016.jpg

ガンガンと煮込み、鴨肉から美味い出汁を引き取り 一晩寝かせます

DSC04548_convert_20181015145658.jpg

その出だし鴨肉も美味いのですけど、固くなる欠点がある為に、贅沢三昧で、鴨肉は取り除きます。

DSC04550_convert_20181015151120.jpg

食べる前に、再度鴨肉を絶妙な火加減で、柔らかい状態で火を通し、鴨油で、ネギを焼き 私が採って来た、旬のナラタケとナメコチャナメツムタケを、ぶち込み。

DSC04552_convert_20181015150707.jpg

究極鴨肉天然雑きのこ入りそばつゆの完成
これが不味いと言ったら、ぶっ飛ばします

DSC04553_convert_20181015150838.jpg

ここに、そばを入れて食べる

DSC04554_convert_20181015144451.jpg

私が作れる料理で、3本の指に入る究極versionそばつゆです

DSC04555_convert_20181015150602.jpg

息子は、うどんを入れて、「うんま・うんま」と一気に食べていました

DSC04558_convert_20181015150747.jpg

ワンコに餌を

DSC04559_convert_20181015150244.jpg

あげて喜んでいました

DSC04562_convert_20181015142533.jpg

そしていただいた、シモフリシメジ幼菌4つ。
炊き込みご飯にも出来ないし、悩んだ末、きのこ本を参考にし

DSC04545_convert_20181015142555.jpg

贅沢に天ぷらに、丁度、大人4人でしたので、4人で味見、きのこ独特の味があり 美味い
私が数年前に知り合った、長野県最年少(多分、全国でも最年少との話も)きのこ鑑定士さん(長野県のきのこ鑑定士さんは、42名しかいません)から色々なアドバイスと指導を受け、人生初のシモフリシメジ探しに近々出動します

DSC04547_convert_20181015144833.jpg

きのこを詳しく知っているって、本当に凄い事なんです
食べれるきのこだけを知る 覚えるではなく、食べれない毒きのこまで全て覚えなければいけない
きのこの種類は数百を軽く越えます それを知り尽くす 
きのこ鑑定士 最強最高の称号です
馬鹿な私には、覚えきれないし、無理ですけど、少しでも、きのこを知る努力だけは、欠かさず勉強したいと思っています
はくの無い、私が仮にきのこ鑑定士・・ まぁ~~無いな
私は、趣味程度で楽しむのが 1番ですから

冒険家・S

2018年、夏エビネラン、その後。

私の知識の無さから、枯らせてしまった、アクアマリン福島で購入した夏エビネ
枯れるギリギリの所で、土壌改良し移し替えたのが、何時の間にやら

DSC04414_convert_20181012192541.jpg

芽吹いていました
根っ子が生きていたので、来年咲くかは微妙ですが 来年咲かなくても、肥料を与え、数年後には、必ず咲かせてみせます

DSC04415_convert_20181012192430.jpg

根っ子が生きていて、本当に良かったですし 嬉しいです
今回の失敗を糧に、2度と失敗しないので、元気に育って

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR