FC2ブログ

2021年、初の山形県へ。

3月16日、息子を安比高原スキー場へ、17日の夕方に、迎えに行くと言う口実の元
通常、南三陸に行くときは、新潟~福島~宮城、高速道路ルートを使うのですが
今回は、新潟県胎内市から~113号線を走り、下道である国道走りで、初山形県を目指すことに 
オレンジ色のルートです)

DSCF0935_convert_20210326072619.jpg

戸隠発、1時
国道18号線~8号線を走り、柏崎で、懐かしの(地元・新潟県)シーサイドラインを敢えて選び~の走り
目的地とは関係の無い、マリンピア日本海
ドラクエウォークのお土産を捕獲する為と言う、くだらない理由で・・

DSCF0939_convert_20210326073028.jpg

戸隠からは、184㎞

DSCF0940_convert_20210326082142.jpg

ここで、ナビを再設定し
山形県を目指し北上
旅は、目的地までの道のりが楽しいのです

DSCF0941_convert_20210326072652.jpg

夜が明け

DSCF0943_convert_20210326072415.jpg

113号線から山形県へ初侵入

DSCF0947_convert_20210326072359.jpg

おぐに道の駅

DSCF0948_convert_20210326072452.jpg

山形県の国道を走り

DSCF0949_convert_20210326073045.jpg

順調に米沢へ

DSCF0950_convert_20210326070415.jpg

山形市内では、通勤ラッシュに引っ掛かり(想定内)ましたが
無事に、天童市の道の駅に到着

DSCF0954_convert_20210326075559.jpg

ここで、少し休憩し 1番の目的である 息子を迎えにと、翌日のルート確認と時間を計算

DSCF0955_convert_20210326073109.jpg

山形県 むらやま市

DSCF0956_convert_20210326072523.jpg

ここに、サラリーマン時代に、一緒に働き、JRAの府中競馬場へ一緒に行き、毎年、サクランボ(本場の佐藤錦)を送って下さる I先輩の地元
実家のTELを知っていたので、ナビで検索すると、国道沿いの 自宅横まで行けました I先輩は、仕事でしたから会えず
事前に、何度も連絡を取り合っていて、情報を集めていたので

DSCF0957_convert_20210326072346.jpg

銀山温泉へ

DSCF0960_convert_20210326071628.jpg

冬季間は、駐車場の関係で、停めれず
銀山温泉まで行くも、Uターンで、大正ロマン館へ
ここからシャトル便が出ていますが
目的ではなかったので、銀山温泉メイン通りにはには行かず

DSCF0971_convert_20210326072323.jpg

お土産を物色

DSCF0963_convert_20210325074011.jpg

当然ですが サクランボ商品が多いこと

DSCF0965_convert_20210326071019.jpg

ここでも悪い癖で、大量のお土産を購入

DSCF0966_convert_20210325153236.jpg

ここまで来て、カレーパンを

DSCF0969_convert_20210326071045.jpg

普通の

DSCF0970_convert_20210326071159.jpg

カレーパンでした

DSCF0972_convert_20210326072730.jpg

銀山温泉付近は、かなりの豪雪地帯でした

DSCF0974_convert_20210326071032.jpg

山形県へ来た、目的は2つ 1つは、そば
この村山地方は、そばが有名なのです
1件目は、まさかまさかのお休み
マジか

DSCF0976_convert_20210326072307.jpg

2件目を目指し
走っていると、雪中キャベツ販売を発見

DSCF0977_convert_20210326070523.jpg

当然、購入

DSCF0978_convert_20210326071115.jpg

かも会館へ

DSCF0980_convert_20210326071227.jpg

名前の通り、鴨そばMENUがメイン
値段が安く設定されています。
他の店なら、高いことと言ったら・・
以前にも書きましたが 鴨肉は、煮ると必ず固くなります。
そして、何処のお店でも高い
各お店の事情はありますが 仕入れ値や利益、色々あるのは分かりますが 高くて 固い。 
理解していますが ここはリーズナブルで、どんな鴨そばが出て来るのか
それと初山形そば

DSCF0981_convert_20210326072713.jpg

店内景観は田舎で、素敵

DSCF0987_convert_20210326070509.jpg

最上三難所そば街道定義

DSCF0990_convert_20210326073007.jpg

山形そば、板そば ※戸隠では、竹ざる(手編み根曲竹ざるに、ボッチ盛り)
これが基本そば

DSCF1002_convert_20210325074255.jpg

太くて、乱切りで、1番粉を多めに配合している、田舎そば
美味し
山形県だぁ~~~と言う そばでした

DSCF1004_convert_20210326070737.jpg

鴨つけそば(温)1200円

DSCF0993_convert_20210326070756.jpg

これに板そばがついて、1200円ですょ。
山菜が、水煮で残念

DSCF0995_convert_20210326071004.jpg

しかしのやはりで、鴨肉は固し

DSCF0999_convert_20210326072049.jpg

冷やし鴨南蛮そば

DSCF1007_convert_20210326071456.jpg

この鴨肉は、茹で、冷えでしたので、鴨肉は柔らかし
これは美味し
刻み海苔との鴨肉、そばとの相性も抜群
これはありです
勉強になりました

DSCF1008_convert_20210326071757.jpg

このお手洗いロゴマークが また御洒落

DSCF1011_convert_20210325074039.jpg

かも会館ならではです。
当店も、数日前に、ブログで上げましたが 現在、戸隠のデザイナーさんの nishi graph(にしぐらふ)さんに、お手洗いロゴマークを依頼し、決定の最終段階に入ってます GW前に、設置出来ればと思ってはおります

DSCF1013_convert_20210326065813.jpg

更に、もぅ1件はしご
きよそば

DSCF1031_convert_20210319222800.jpg

めっちゃ混んでいました

DSCF1017_convert_20210326074626.jpg
DSCF1018_convert_20210326075706.jpg
DSCF1019_convert_20210326075722.jpg
DSCF1020_convert_20210326075833.jpg

2人で、この漬け物の量

DSCF1021_convert_20210325153253.jpg

山形そばの基本、板そば

DSCF1027_convert_20210326071717.jpg

かも会館より、こちらの板そば(きよそば)の方が、私には合いました
舌は幼き頃からの家庭の味なので、好みは人それぞれです

DSCF1028_convert_20210326071423.jpg

冷たい肉そば(親鳥)800円
これで、800円て・・
某、最新式そばで、激高いそばと大違い 違いは何だ 電気代なのか

DSCF1022_convert_20210326065651.jpg

いや~~~美味い
ですが 鳥の脂が重いと言うか 食べ過ぎですわ
只単に、喰い過ぎ
勉強と言う名の喰い過ぎ 完全に喰い過ぎ

DSCF1025_convert_20210326071100.jpg

そして、かいもず(そばがき)
この量でも半分にしてもらっております(2件目なので、少なめにと我儘を言いました

DSCF1030_convert_20210326071743.jpg

かいもず用の、ゴマタレと、納豆タレ
処変わればです
滑らかな、舌触りの、かいもず(そばがき)と、納豆タレ、つきたての餅(そば)って想像して下さい
満腹満腹 死にそうになりました

DSCF1029_convert_20210326071813.jpg

むらやま道の駅にて

DSCF1032_convert_20210326065757.jpg

またまた追で、お土産を大量に購入
最早、病気

DSCF1033_convert_20210326071831.jpg

山形市内の山形グランドホテルへ宿泊

DSCF1075_convert_20210323050807.jpg

お雛様

DSCF1035_convert_20210325153059.jpg

山形駅へ、徒歩10分

DSCF1059_convert_20210325152409.jpg

駅前の山形長屋酒場へ

DSCF1057_convert_20210325152802.jpg
DSCF1056_convert_20210326075102.jpg

馬刺し

DSCF1037_convert_20210326071850.jpg

だだちゃ豆

DSCF1038_convert_20210326070455.jpg

お通し

DSCF1039_convert_20210326072951.jpg

実は実はで、お昼をたんまり喰い過ぎて 食えなく 山形の夜を堪能出来ませんでした

DSCF1036_convert_20210323050748.jpg

山形だし豆腐(長野市だと、やたら

DSCF1041_convert_20210326071930.jpg

スイカの漬物が初で、美味いもお腹の満腹具合が・・

DSCF1042_convert_20210326071947.jpg

氷下魚干し(コマイぼし)焼き(お通し)
これが良い味で、美味い 満腹状態でなければ堪能出来たのに

DSCF1040_convert_20210326071912.jpg

お店の雰囲気は最高

DSCF1043_convert_20210326072009.jpg
DSCF1044_convert_20210326072128.jpg
DSCF1054_convert_20210325152734.jpg
DSCF1055_convert_20210326070941.jpg

色々なMENUがあるのに、喰えず 初山形県の夜は、記憶に残る 無念な夜となってしまいました

DSCF1045_convert_20210326072241.jpg
DSCF1046_convert_20210326072601.jpg
DSCF1047_convert_20210326072843.jpg
DSCF1048_convert_20210326072911.jpg
DSCF1049_convert_20210326071437.jpg
DSCF1050_convert_20210326071643.jpg
DSCF1051_convert_20210325152657.jpg
DSCF1052_convert_20210325153224.jpg

そして、山形県へ来た、2つ目の目的
芋煮です
山形県の郷土料理である芋煮を、本場、地元で食らう
これを、そばと同じく楽しみにしておりましたが
残念無念で、満腹から喉を通る気がせず
注文せず
それだけ、満腹感がヤバかったです

DSCF1053_convert_20210326071213.jpg

無念のリタイヤで芋煮を食えず 諦め 山形駅付近で、ランプの魔人を偶然に、高確率GETし

DSCF1060_convert_20210326070920.jpg

1度、ホテルへ帰り 休憩
念願の山形県へ来ているのだから 芋煮だけは食わないと 諦めがつかない
半身浴をし 気持ちを整え
2次会へ

DSCF1074_convert_20210326065858.jpg

居酒屋 母屋(マザーハウス 山形県の旨いものが食える 日本海地物芋煮・山形牛・だし・地酒十四代

DSCF1062_convert_20210326074815.jpg

山形グランドホテルから徒歩3分

DSCF1063_convert_20210326065918.jpg

普段なら、絶対に食べますが
今の私には食べれず

DSCF1067_convert_20210326082240.jpg

奥さんは、色々食っておりました

DSCF1069_convert_20210326065722.jpg

私の目的は、あくまでも、これ一択

DSCF1065_convert_20210326072937.jpg

念願の芋煮(村山地方version)4地方に分類されています。

DSCF1071_convert_20210325074238.jpg

1番 美味い時期は、里芋が秋ですが
の時期に、私は絶対に山形県へ来れないので、では味わえませんでしたが
念願の本場、芋煮 
肉じゃがの薄い醤油味ってイメージです 流石は郷土料理
満足致しました

DSCF1072_convert_20210326082156.jpg

そばも味わい芋煮も食えて、念願だった初山形県を終えることが出来ました

翌日の長旅に続く・・

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR