FC2ブログ

特製鴨肉南蛮つゆ。

お客さんや、知り合いの方々から、アンケート用紙や口頭で、「鴨南蛮や鴨せいろをMENUにして下さい」と要望が多数寄せられます
MENUにして出来ないことはありませんが
敢えてMENU化させない理由があります
まず1番は、鴨肉の原価が高いので、MENU化すると提供値段が・・と、鴨肉は煮ると固くなる どうしても固くなるのが 私的に気に入りません
切り方で柔らかくなるとか 火加減で柔らかくなるだとか 多少柔らかくなりますが 
固い
これが私の中では、気に入らないので、MENU化しない理由です
火加減も難しい 私や特定の人が調理しないと提供不可能だとお出し出来ません 固い鴨肉と言うのが提供条件としてクリア出来ないので、MENU化させれません
こいつ何言ってるんだ
と思う方 色々なそば屋さんで、温かい鴨南蛮を食べて見て下さい ほぼ火が完全に通っている鴨肉固いです
鴨ロースは別です これは煮てないので、柔らかいです。
あくまでも煮てあるのと ロースの柔らかさの事ではなく、火で煮通した鴨肉が固いと言うことを伝えたい。
そして、値段が高過ぎる
原価が高く 利益を出すのが大前提ですが 鴨系のそば値段には驚きます
都心だと、ほぼ2000円以上確定
こんなことを書くと叩かれますが 567化の中、都心でMENU4桁ラーメン店が閉店続出とのニュースも何度か見ました
値段で高い それで更に、鴨肉固い
これが理由です
ですので、大久保の茶屋では、冬季MENUは、鳥そばを提供しております
上記を読んだ上で、今後、鴨南蛮そばを食べて見ると面白いですょ。
食べなくても、鴨南蛮そばの値段だけでも注意して見て見て下さい  


 ナラタケ🍄に拘り、採りまくっていた理由は、現段階で、料理、調理に素人の私が作れる特製鴨南蛮つゆに使う為に必要だからです🍄
塩漬け保存しておいたナラタケ🍄

DSCF1412_convert_20201124054748.jpg

茹でこぼし  
水で一晩さらし塩を抜きます。

DSCF1413_convert_20201124054659.jpg

そして、鴨肉
鴨肉脂は、ネギと合わせる為に、少しカットし鴨ネギ調理

DSCF1414_convert_20201124054642.jpg

そして、鴨肉は切れる限り 薄く薄く切ります ペラっペら牧場

DSCF1415_convert_20201124054616.jpg

色々と、細かな工夫と工程調理を加えた、特製鴨南蛮ナラタケつゆ
激ヤバい美味さです

DSCF1417_convert_20201125054427.jpg

ペラペラ鴨肉

DSCF1419_convert_20201125054444.jpg

敢えて薄く切る
まだ柔らかく 美味しく食べれます

DSCF1421_convert_20201125054459.jpg

そばを入れて食べるも良し ご飯を入れて雑炊でも抜群ですが
土鍋うどん

DSCF1423_convert_20201125054529.jpg

激ヤバ美味し

DSCF1425_convert_20201125054514.jpg

鍋用ラーメンにも抜群で合います

DSCF1451_convert_20201126065933.jpg

特製鴨南蛮ナラタケ🍄ラーメン(太麺)

DSCF1452_convert_20201126065717.jpg

煮ると黒くなるのが欠点ですが ナラタケの出汁が半端無いです🍄
歯ざわり 甘味と、万能きのこ🍄

DSCF1453_convert_20201126065639.jpg

坊ちゃんも美味しく食べてくれます

DSCF1603_convert_20201208033035.jpg

ナラタケ🍄の潜在能力と鴨とネギは相性抜群、手間暇掛ければ何でも美味いですが
食材の相性も大切です
この特製鴨南蛮ナラタケつゆ🍄 ここ1番と言う時に作りますが 塩抜きや仕込みがありますので、完成させるのに2日間掛かりますし、ナラタケ🍄の塩漬け在庫に限りがあるので、常に作れると言う訳にもいかなく、裏MENU裏MENUです

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR