FC2ブログ

私は(冒険家・S)持ってる奴(期待を裏切らない・・)。(2月8日、その2)

早速、新道具を初下ろし

DSC07241_convert_20190208001938.jpg

黒檀(こくたん)仕様の、こま板。

DSC07242_convert_20190208002003.jpg

白銀(しろがね)を使用してある、そば切り包丁(新潟県・燕市・セキカワ産)

DSC07243_convert_20190208001323.jpg

まな板も黒壇(こくたん)淵木の中は桐(きり)
新道具3点を使用し、そば切り

期待を裏切らない私 持っています・・
予想通り・・

DSC07244_convert_20190208001432.jpg

こま板を越えて切ったのではなく、こま板で弾き そば切り包丁が当たり サクッと・・ 流血
こま板を越えていたら、指を落とす切れ味の白銀(しろがね)セキカワ産 匠包丁
師匠がいなく、ほぼ独学でのそば切りですので、こんな腕前ですな

DSC07245_convert_20190208000512.jpg

道具が変わるだけで、そば切り麺線が変わるのは、腕前不足

DSC07246_convert_20190208002037.jpg

30人前を切りましたが

DSC07247_convert_20190208001146.jpg

とても満足するLVに達せず
新道具に慣れて、そば切り修業あるのみです
そして、そば打ちと、そば切り 修業を兼ねて、先輩方に教えを願いに行きたいと思います

DSC07248_convert_20190208001108.jpg

左が黒壇(こくたん)こま板で、右が今まで使っていた、こま板(材質は

DSC07249_convert_20190208000903.jpg

高さの違い
腕があれば、高さは関係無し。

DSC07250_convert_20190208001510.jpg

切ったそば

DSC07254_convert_20190208000536.jpg

上記のそばです
写真の映り具合で、白く見えますが同じそばです。
石臼手挽きし、篩で振った、そば殻をブレンド混ぜ(私好みに配合) そば自体は、自信を持って提供出来るそばだと自負しています。
こちらは、そば栽培から 石臼を手挽きし、食べ歩き そして何回も色々勉強しました

DSC07258_convert_20190208001214.jpg

そばの香り、甘み、食感・旨味と、戸隠産のそばを100%味わえます

DSC07261_convert_20190208000835.jpg

後は、私自身の腕前UPです ※あくまでもこま板を越えて、負傷した訳ではないです。

DSC07269_convert_20190208001026.jpg

日々 死ぬまで修行です

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR