FC2ブログ

2018年、きのこ関連記事。

10月3日 4日の新聞だったと思いますが
今年は、きのこが豊作の為に、きのこ採りでの遭難や滑落死亡事故が多発しています。
無理せず 自分の居る場所を把握し、山奥まで入らない様にしなければいけません。
人様に迷惑を掛けるきのこ採りをしてはいけません

DSC04323_convert_20181006231119.jpg

オオホウライタケ

DSC03784_convert_20180916051000.jpg

シロウロコツルタケ(猛毒

DSC03984_convert_20180923041352.jpg

猛毒きのこです
白いきのこで食べれるのもありますが きのこ鑑定知識が無い人は、基本白いきのこは食べない様にして下さい
アホな私でも、知っていて、確実に大丈夫と言う きのこしか食べません

DSC03985_convert_20180923040408.jpg

ハナイグチ幼菌超~~~極上品
私が採ったのではありませんが こんなに凄い極上品をこれだけ採り 場所を知っているって、本当に山好きで凄いと分かる
超~~~極上品中の極上品

DSC04220_convert_20181003235314.jpg

駒木打ちOR土栽培の舞茸をいただきました

DSC04221_convert_20181004005304.jpg

少し干し 水分を軽く抜き。

DSC04222_convert_20181004004527.jpg

天ぷらに

DSC04288_convert_20181004002454.jpg

天つゆと

DSC04292_convert_20181004001829.jpg

塩でいただきました
美味い
きのこ工場で栽培している物とは段違いの美味さです

DSC04296_convert_20181004003246.jpg

当然、そば屋なので、舞茸天そばも美味しくいただきました

DSC04336_convert_20181006231937.jpg

TIMEラグがありスミマセン
戸隠きのこ展が、10月3・4日、戸隠商工会前で開かれました

DSC04330_convert_20181006231809.jpg

私が展示用に持ち込んだオオジョウゴタケ(毒

DSC04332_convert_20181006231233.jpg

図鑑や毒きのこの定番、ベニテングタケ(毒

DSC04333_convert_20181006232026.jpg

初めて見ました ミヤマタマゴタケ(毒

DSC04334_convert_20181006230937.jpg

そしてこれ、天然舞茸
私が良く知り、岩手県大槌町へ、東日本大震災ボランティアにも一緒に行き、普段から色々お世話になっているOさんが、私が奥社で採り損ねた天然舞茸(大)を採り その一部を展示用に置いてありました。
凄ぇ~~~~
最高に良い香を漂わせていました。
外栽培舞茸も美味しいですが 自然天然物は、その2段階程、香と美味さが上がる、美味さの神レベル

DSC04328_convert_20181006231730.jpg

更に、このきのこ
タケリタケ (きのこの蕾に寄生して、宿主のきのこを奇形にする)
まるで○○○
敢えて、私なので載せます
何に見えますか
採って来て、持ち込んだ熟女2名(私の良く知っている方)も笑っていましたと言うか 笑いますわな

DSC04331_convert_20181006231328.jpg

色々なきのこがあり、きのこの種類は数百種類と言われています。
場所や気候、地質・年により、同じ、きのこでも色や形が変わったりするので、自分で鑑定して、自信のある きのこしか食べない
これがきのこで当たらない秘訣です。
下痢や嘔吐、入院で済めばLUCKYですが ドクツルタケ(超~~~猛毒なんて、食べれば マジ死にますから
きのこを舐めてはいけません
きのこ狩りは、最新の注意が必要です
それと、保健所に持ち込めば、有料ですが(100円だったかな) きのこ鑑定士さんが、きのこを鑑定してくれます

冒険家・S
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR