FC2ブログ

2018年、旬のラスト各種山菜処理と料理。(6月16日、その2)

グルメ界産の極上日影ワラビ

DSC03479_convert_20180527000834.jpg

藁灰を使い。

DSC03480_convert_20180527000910.jpg

灰汁抜き

DSC03568_convert_20180530220431.jpg

3等分に分け。

DSC03596_convert_20180601013923.jpg

3等分に味付け、さざ波昆布合え・さざ波昆布合え生姜入り・定番の

DSC03597_convert_20180601013902.jpg

ワラビのおひたし
ただのおひたしではありません これ以上無いと言う美味さのグルメワラビです

DSC03576_convert_20180530220626.jpg

グルメゼンマイも戻し

DSC03593_convert_20180601014013.jpg

高級干しシイタケも戻し 出し汁とし合わせます。

DSC03595_convert_20180601013933.jpg

たまたまの偶然で、一昨年にバイトで雇っていた、高校生の母親が、御礼を兼ねて、ゼンマイを持って来てくれました
この母親さんが持って来てくれたゼンマイの柔らかい事 干し方を教えてもらい 勉強になりましたし、スキルUPしました 来年は、教えてもらった事を試します こう言う繋がりが良い経験値と糧になるのです

DSC03563_convert_20180530220459.jpg

戻しが今一でしたので、再度戻し

DSC03565_convert_20180530220515.jpg

何度か工程を加え

DSC03564_convert_20180530220251.jpg

それを私が調理

DSC03566_convert_20180530220407.jpg

絶品、グルメゼンマイ料理の完成です

DSC03604_convert_20180601014149.jpg

塩漬けしていた、山ウドの皮を使い

DSC03919_convert_20180608024407.jpg

処理し、油で炒め

DSC03920_convert_20180608024433.jpg

好みに味付け煮込み、山ウド皮軸のキンピラ完成
捨てる所の無い、山ウドを再利用し、1品に調理

DSC03921_convert_20180608024710.jpg

旬の極上太い根曲がり竹の子を

DSC03706_convert_20180603062556.jpg

生根曲がり竹の子天ぷら

DSC03707_convert_20180603062542.jpg

田舎風、特選サバ缶入り竹の子汁
これを食べて、美味しくないと言う人の舌は腐っていて、味覚音痴と言わざるおえない鉄板の美味さです

DSC03922_convert_20180608024848.jpg

旬の根曲がり竹の子は、私が腐る程、山から採って来ているので、材料に困りません。

DSC04102_convert_20180613040017.jpg

皮を剥き、固い所を切り捨て

DSC04103_convert_20180613040056.jpg

下茹でし

DSC04104_convert_20180613040030.jpg

冷やし

DSC04105_convert_20180613040407.jpg

下準備完了

DSC04106_convert_20180613040313.jpg

ここまでに採りに行く手間、皮を剥き、固い所を切り捨てる手間と下処理
本当に手間暇掛かっています

DSC04107_convert_20180613035753.jpg

好みに味付け煮

DSC04108_convert_20180613035826.jpg

完璧

DSC04109_convert_20180613035813.jpg

一晩寝かせ、味がしみ込んだら、つけ汁を全て捨て

DSC04111_convert_20180614203344.jpg

マヨネーズ・ツナ缶・白髪ねぎを加えて合え。

DSC04113_convert_20180614203320.jpg

私のフルコースMENUサラダの1つ「根曲がり竹の子サラダ」の完成です

DSC04116_convert_20180614202938.jpg

めちゃめちゃ美味いです
これを皆さんと味わい共有共感で食べさせたいのですけど、恐ろしく手間暇と、数量が作れないので、限定と言うか、ほぼ不可能なのが現状ですが 運良く、このブログを回覧している方限定でのこの時期なら、私がお店に居る時か、留守中でもスタッフさんに、「ブログで見ました、裏MENUの究極竹の子サラダありますかのキーワードを伝えてもらえれば、食べれる様にしたいと今後考えています
確実に食べれる量を確保しつつ、提供準備もしておかなくてはいけないので、このブログ回覧者さん限定での裏裏MENUを用意しますので、随時、UPして行きます お見逃しの無い様にお願いします

DSC04118_convert_20180614202906.jpg

何が究極だと思うかもしれませんが 食べてみれば分かると思います
美味しい物に、言葉は必要無いです 美味い物は美味いのです

昨日、知り合いさん方々、常連さん、予約さんが(某社長さん)連れて来た、大切なお客さんだとか・・
色々な方々に、ガンガンと提供していたら、残りがこれだけに

DSC04121_convert_20180615180204.jpg

山への登山 竹藪内にて採る大変さ、採ってから下山運ぶのが超~~大変で、皮を剥き処理をすると食べる所が半分以下になり、調理するのが超大変な「究極竹の子サラダ」

DSC04122_convert_20180615180224.jpg

もっと早く、大量に作っておけば良かったと後悔です

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR