FC2ブログ

2018年、竹の子処理。(5月24日、その2)

意地で竹藪内を彷徨う事 13時間(休憩を含め)
35㌔しか採れませんでした
色々な方からの情報収集でも、今年は大不作との事

DSC29287_convert_20180523223146.jpg

1本1本が、本当に貴重な貴重な竹の子です

DSC29288_convert_20180523223159.jpg

この貴重で採れない大不作の時に限り、知り合いが多数来店
この日だけで、超~貴重な(2018年度)竹の子を24本処理し天ぷらで
この24本を探し採るのに、どれだけ時間を要したのだと思うと、やりきれませんが、美味しい旬を提供する為に採りに行っていますので仕方がありません。

DSC29289_convert_20180523223245.jpg

以前から説明していますが
結局これだけ、下の固い部分は食べれなく捨ててしまうので、採ったら山の中で、もっとへし折り捨てて来ても全く問題無いですし、苦労して重いゴミを運ぶ必要が無いのが分かります

DSC29290_convert_20180523223302.jpg

それと嫌なのがこれ

DSC29291_convert_20180523223328.jpg

時期が来て暑くなり、大きく成長すると、こ奴が住んでいます
名前は、タケツトガ・別名竹虫
素揚げで食べると美味しいらしいです(喰いたくはないですけど・・)

DSC29292_convert_20180523223359.jpg

旬の生竹の子天ぷら
めっちゃ美味い
瓶詰め品や水詰め加工品と別次元の美味さです
やはり旬の生竹の子は、味が違います

DSC29293_convert_20180523223416.jpg

生えてさえいれば、頑張り粘り探せば採れますが 生えていないのには、どうにもなりません
今年の竹の子は、本当に貴重な山菜です

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR