FC2ブログ

2016年、そばざる編み。

今年は、戸隠竹細工組合の講師先生3人が教えてくれました
見本を見せてもらい そばざる編みSTART

DSC03841_convert_20161208224745.jpg

この板の○印が そばざるの大きさになる目印です。

DSC03842_convert_20161208225000.jpg

左が若干曲がっている割竹。
右が真っ直ぐ系の割竹。

DSC03844_convert_20161208230156.jpg

この割竹を指先で踏み押さえ固定しながら。

DSC03845_convert_20161208225541.jpg

編んで行きます

DSC03846_convert_20161208231042.jpg

今回が3年目の3回目なので、やりながら少しづつ思い出しながら組上げ

DSC03848_convert_20161208231218.jpg

編んで行きます
1年経つと忘れているもんです

DSC03850_convert_20161208230513.jpg

今回は編む時の割竹数を1度も間違えないで編む事が出来ました

DSC03851_convert_20161208231413.jpg

お昼は、仁王門屋さんにて、天ざる

DSC03852_convert_20161208232814.jpg

木板を取り付け。

DSC03853_convert_20161208225827.jpg

そばざるに反りを出し。

DSC03854_convert_20161208225405.jpg

力を加えながら、ゆるいカーブをつけつつ編みます

DSC03855_convert_20161208225656.jpg

枠付けをする材料を、竹細工職人さんがナタで上手に削って作ってくれます
凄い技術です

DSC03859_convert_20161208225935.jpg

特殊な道具を使い

DSC03861_convert_20161208225257.jpg

竹枠と竹皮で、編み繋げます

DSC03862_convert_20161208230322.jpg

途中で、竹に指が刺さり出血・・
写真のド真ん中に血痕。

DSC03864_convert_20161208230039.jpg

外側皮を3周巻き

DSC03866_convert_20161208230652.jpg

完成です
今年のは過去最高の出来栄えです

DSC03867_convert_20161208230815.jpg

左が竹細工職人作の見本そばざる。
右が私作 (まだ竹が新しいので、時間と共に馴染む色合いの、そばざるになります)

DSC03868_convert_20161208231553.jpg

重ねて見ると、当たり前ですが 
出来に差があります
私のは、隙間だらけ・・

DSC03869_convert_20161208231725.jpg

竹をナタで削って見ました。
難しい作業です

DSC03872_convert_20161208232521.jpg

皆で黙々と、そばざる編み

DSC03873_convert_20161208232353.jpg

下のブルーシートが隙間から見えて、水切りとしての機能は良い様に思えますが
竹細工としては、隙間無く編んだ そばざるの方が腕前が良いそうです。
また次回の機会にも、そばざる編み体験に参加したいと思います

DSC03876_convert_20161208232219.jpg

今年の年越しそばは、このそばざるに盛って食べよう

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR