FC2ブログ

2016年、妙高登山。

昨日、4家族12名で、私の地元妙高山に登山に行って来ました
私は、息子の荷物&皆の食材やビールや飲み物をクーラーBOXとお湯を入れたポットなどで、この重さ+更に数㌔を入れて、山菜リュック中サックで背負い登山
この重量がそもそも大間違いだったと後から大後悔となる・・・・

DSC02190_convert_20161017062611.jpg

晴天の中、2台の車で妙高燕温泉から

DSC02191_convert_20161017062802.jpg

妙高山登山道入口へ

DSC02193_convert_20161017063013.jpg

2合目辺りは、紅葉がピークを迎え

DSC02200_convert_20161017063457.jpg

9時スタートから3合目

DSC02201_convert_20161017063636.jpg

この辺りは、皆さん快調に気持ち良く歩いていました

DSC02203_convert_20161017063844.jpg

雲1つ無く、日影は立ち止まると寒くなる時期的な気温。

DSC02205_convert_20161017064041.jpg

素晴らしい景色を見ながらひたすら登ります

DSC02210_convert_20161017064242.jpg

この景色は、山登り特有の楽しみです

DSC02217_convert_20161017064435.jpg

5合目、ここから、めちゃきつくなる地獄の「胸突き八丁」
膝が胸に着く位傾斜がある登りと言う意味です

DSC02218_convert_20161017064633.jpg

妙高山頂上が見えてきました

DSC02220_convert_20161017064837.jpg

八合目「風穴」 

DSC02229_convert_20161017065008.jpg

胸突き八丁で、H家Aさんはバテて死亡 私は重さ20㌔背負ったいたオマケのせいで、勝手無いバテバテ
今年は、ここ13年間位で、1番運動をサボっていた(右膝半月板損傷)年だったのも祟りました

DSC02231_convert_20161017065147.jpg

景色が変わってきました
途中会ったお婆さんに失礼でしたが 年齢を聞いてみて超~ビックリ 「79歳」のお年寄りが頂上から下山してきました
凄ぇぇぇ~~~ SUPERお婆ちゃんでした

DSC02234_convert_20161017065330.jpg

薄ら遠目に富士山が見えました (写真では分かりづらいですけど 写っています

DSC02235_convert_20161017065422.jpg

9合目 1番の難所「鎖場」

DSC02238_convert_20161017065611.jpg

私はバテバテだった為に、H家Kさんに、先頭ガイド案内してもらい 子供達は先に頂上付近溶岩場を登っていました
右上の岩場が妙高山頂上です

DSC02241_convert_20161017065808.jpg

焼山からは噴煙が 現在、焼山は入山禁止となっています

DSC02247_convert_20161017065900.jpg

バテバテヘロヘロAさん もぅちょっとで頂上だ

DSC02248_convert_20161017070138.jpg

10合目 登頂です

DSC02250_convert_20161017070342.jpg

日影には雪が残っていました

DSC02254_convert_20161017070523.jpg

私とAさんは、子供達から遅れる事30分で、何とかやっとで登山成功
登頂に5時間

DSC02255_convert_20161017070709.jpg

山頂の気温は、14時で7℃

DSC02256_convert_20161017070825.jpg

途中で私の荷物が重過ぎてバテテしまい、皆が(大人)分散して荷物を少し背負い分けて登ってくれて、そのお陰様で私も頂上に到達出来ましたし、その荷物で、最高の頂上でのカップラーメンパーティーが子供達と大人達とで頂上にて温かい物を食べれ、苦労し 死にそうな程のバテでしたが
持ち登り良かったです

DSC02257_convert_20161017071038.jpg

そしてこれを大量に持って行ったのが大大大失敗
ビールを7本と氷を入れたクーラーBOXだけで7㌔の重さ
こんなの持って登るからバテ死にそうになるのです

DSC02259_convert_20161017071245.jpg

食事後に、三脚を持って行っていたので、12名皆で記念撮影

DSC02268_convert_20161017071407.jpg

野尻湖から全て綺麗に見え
この素晴らしい大絶景360℃パノラマビューを見れた子供達には一生の思い出になった事でしょう

DSC02269_convert_20161017071526.jpg

溶岩場を下山し

DSC02280_convert_20161017071819.jpg

最大の難所「鎖場」下り

DSC02291_convert_20161017071940.jpg

登りよりビビるし、怖いと思います
息子も超怖がりビビっていたし、1人の子は怖くて半泣きになっていました

DSC02298_convert_20161017072127.jpg

この角度です
落ちたら死にます

DSC02299_convert_20161017072309.jpg

無事に皆で、1番の難所をクリアー

DSC02301_convert_20161017072501.jpg

紅葉に見とれながらに下山

DSC02321_convert_20161017072621.jpg

皆足が、ガクガクしながら下山に3時間

DSC02323_convert_20161017072851.jpg

お疲れ様でした
暗くなる前ギリギリに下山出来ました

DSC02331_convert_20161017073018.jpg

車に辿り着いた時には、17:40で、月が赤く綺麗でした

DSC02338_convert_20161017073117.jpg

戸隠に18:30着
20㌔背負った肩はボロボロ

DSC02339_convert_20161017073239.jpg

めちゃ歩きました
帰宅後の体重は2キロ減 5回登れば10キロ減か 
あまりの疲労に20:30就寝

DSC02341_convert_20161017073349.jpg

運動不足と年齢からくる衰えに情けなさを覚え、来年度に向けて頑張ろうと誓う1日となりました (毎年同じ事を思っている・・)
現在、体中が筋肉痛と肩が カチカチです

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR