FC2ブログ

2015年、大根漬け。

この時期が訪れました
お店の御茶受けで出している自家製たくあん漬けを漬ける作業

DSC07279_convert_20151108211705.jpg

毎年作って下さる農家さん宅に取りに行き
丹精込めて作って下さり 干していただいた大根を買い取り
ぬかとたくあん漬けの元を混ぜます

DSC07297_convert_20151108212613.jpg

ぬかとたくあん漬けの元が完成
ほとんど意味が無いですが ぬかを吸いこまないない様にマスクを装着(吸いこみは半端無い)

DSC07281_convert_20151108211815.jpg

大昔から使っている木樽にぬかを引き。

DSC07283_convert_20151108211922.jpg

干した大根を並べて漬けて行きます。

DSC07285_convert_20151108212022.jpg

この作業が腰が痛くなり大変なのです

DSC07287_convert_20151108212129.jpg

3人で漬けました

DSC07291_convert_20151108212228.jpg

こちらは新品種「戸隠おろし」
昨年までとは違う品種の大根です。 (半年後の味身が楽しみ

DSC07293_convert_20151108212343.jpg

こっちは青首大根

DSC07294_convert_20151108212500.jpg

これは私が漬けました
横に並べて漬けて、次は縦と順に木樽一杯に漬けていきます。

DSC07298_convert_20151108212721.jpg

重石を乗せて水が上がるまで漬け込みます(後日UPします

DSC07302_convert_20151108212833.jpg

この様に手間暇掛けて漬けた 大久保の茶屋自家製たくあんは出来上がります
お客様が「美味しいたくあんネ~」「売って下さい」「毎年楽しみにしています」と言われる度に、作って下さる農家さんに感謝(作って下さらなければ 漬ける事も出来ません) そして手間暇掛けて美味しい漬け物を漬ける大変さが生み出す「たくあん漬け」
既製品・業務用の袋入りと違い 手間暇掛った物は美味しいに決まってます
こうやって「大久保の茶屋自家製たくあん」は作られています
まだUPしてませんが 野沢菜も数日前から漬けて、お店の御茶受けで出しています
昨日は、そば打ち後に3人で半日掛けて漬けました
今後は順に、1トン近い野沢菜漬け作業が始まります (バブルで忙しい年は、1・5t以上漬けていたそうです
そして、私が漬ける究極野沢菜漬け準備も順に準備段階に入ります

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR