FC2ブログ

2015年、戸隠献納祭戸隠在来種秋蕎麦刈り取り。

昨日、8:30より 本年度の戸隠献納祭戸隠在来種秋蕎麦の刈り取り作業が行われました
奥の山は戸隠山連峰

DSC05426_convert_20151007130001.jpg

ノコギリ鎌で、刈り取り

DSC05431_convert_20151007130322.jpg

束ねて縛って立てて追熟させる

DSC05428_convert_20151007130133.jpg

手刈り取りが非常に大変でして残りは・・
今年から初の試みで

DSC05432_convert_20151007130533.jpg

現代機械の投入です

DSC05405_convert_20151007111246.jpg

造りは稲刈り用のコンバインと同じ構造
しかし値段は、このクラスで700万円だそうです
高~~~~

DSC05406_convert_20151007111413.jpg

実と茎や葉を分ける選別こぎ胴は、稲刈り用と構造は同じです

DSC05402_convert_20151007111043.jpg

運転席内部

DSC05409_convert_20151007111533.jpg

最新鋭の機械だけあり凄い構造です

DSC05410_convert_20151007111739.jpg

エアコンに暖房、そしてCD機器まで付いてます

DSC05413_convert_20151007111847.jpg

飯縄山をBACKに、蕎麦刈りコンバイン出動

DSC05435_convert_20151007130729.jpg

刈り取り運転手は、戸隠松本製麺Yさん。
戸隠麺’Z倶楽部蕎麦畑栽培指導者さんです

DSC05439_convert_20151007130923.jpg

稲刈りコンバインの刈り取り先と違い
蕎麦刈りコンバインは、バケット状になっていて
巻き込み刈り取りながらすくって、実と茎・葉を選別する構造です

DSC05441_convert_20151007201901.jpg

圧巻の迫力

DSC05448_convert_20151007202146.jpg

稲刈りと同じ原理で、茎や葉だけが後部から排出され、蕎麦の実のみコンバイン内に収納されていきます。

DSC05449_convert_20151007202410.jpg

コンバインが刈り取った後

DSC05452_convert_20151007202624.jpg

物凄いスピードで刈り取りは進んで行きます

DSC05456_convert_20151007202920.jpg

手刈りだと、15人程で2時間近く掛かる作業が
わずか10分程で刈り取りが終わってしまいました
しかも刈り取りのみだけじゃなく 蕎麦の実選別まで込みで10分

DSC05458_convert_20151007203204.jpg

コンバイン内からの蕎麦の実を排出

DSC05460_convert_20151007203426.jpg

えっ これだけ 少ないぞ・・

DSC05462_convert_20151007203713.jpg

コンバインでは、選別仕切れなかった茎や葉を

DSC05464_convert_20151007203951.jpg

再度選別機械に通しに、戸隠日和・戸隠華僑さん宅に運んで選別
こんな機械があるんだ

DSC05466_convert_20151007204139.jpg

天日干しをして

DSC05470_convert_20151007204414.jpg

水分調整をします

DSC05476_convert_20151007204901.jpg

水分調整後の蕎麦の実、出来上がりが楽しみです

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR