FC2ブログ

2015年、第2回黒姫山、竹の子採り。

黒姫山竹の子採りシーズンinですので
沢山の竹の子採り好きが竹藪に入っていて、パキパキ・ガサガサと竹藪内を歩き回る音がしています

DSC08589_convert_20150605181819.jpg

美味そうな色の竹の子

DSC08592_convert_20150605181955.jpg

前回の竹の子採りで生えているのは分かっていたので
あっという間にリュックに竹の子がたまっていきます
これ位の量で下山すると楽なのですが
アホの私は、満杯にしないと気が済みません (戦闘民族ですので、常に自分の限界に挑戦)

DSC08604_convert_20150605202736.jpg

休憩して腰を下ろすと 「ん
竹の子が視界に入りました
分かりますか

DSC08605_convert_20150605202919.jpg

ズーム
落ち葉と同化しています

DSC08606_convert_20150605203039.jpg

ここに生えていました

DSC08607_convert_20150605203203.jpg

このサイズが最高に柔らかく根元まで美味しく食べれます
「小さいだけじゃん」 て思う人は竹の子を知らないです これが最高級品

DSC08609_convert_20150605203342.jpg

前掛けと小さいリュックを背負い竹の子を集め採り
一杯になったら

DSC08610_convert_20150605203459.jpg

特製どでかメインリュックの置き場所(登山道付近)に行き、竹の子を詰める

DSC08611_convert_20150605203644.jpg

これを繰り返して満杯にします。

DSC08612_convert_20150605203821.jpg

ヤバイ
案の定採り過ぎた
ここまで詰めると、40キロ近く採ったと経験で分かる
背負ってみて死亡

DSC08614_convert_20150605210313.jpg

竹の子採りに来ているのに、手ノコギリ持参

DSC08616_convert_20150605210457.jpg

竹藪に入るので、合羽は1度入るだけで、ボロボロになります
消耗品ですので仕方がないと諦めます

DSC08625_convert_20150605211752.jpg

この日の総重量は38キロ (年齢の割には頑張りました
30キロ以上は、さすがにきつ過ぎですわ

DSC08634_convert_20150605212639.jpg

特上・上・中下に仕分け
今日は、お店で販売しようと思いますので、当店内で買えますょ
竹の子採り中の飲み物代位は稼がないと (売れるかな 心配です

DSC08637_convert_20150605212914.jpg

黒姫山の竹の子は、太くて質も良く、素晴らしい竹の子が沢山採れます
ですが 採るのには大変レベルを超えますけどネ

DSC08638_convert_20150605212319.jpg

口元から血が・・
ではなく 竹藪内で竹で突きました (やはり色々な人に、「奥さんにやられたんだろ」と言われました やられてもおかしくありませんが・・)
でなくて良かったです
過去に何度も目を突き、内出血し眼玉まで傷付き、眼科にお世話になっています

DSC08642_convert_20150605213143.jpg

竹の子汁だけではなく、竹の子御飯
美味いです

DSC08629_convert_20150605212438_20150606062002517.jpg

は寒かったので、冬寝具服とストーブを焚きました
北海道の山では5㎝の積雪があったとの事
異常気象ですネ

DSC08641_convert_20150605212104.jpg

本日から当店、2015年、雪がくしそば10食づつ用意します
今年の雪がくしそば 食べに来て見て下さい

御開帳終わりの初週末  予約さんが数組80名程あるのが救いですが
一般客は・・ 暇暇だぞ~~~
そば打ちと、予約客様が済んだら 4・5月に出来なかった外仕事を行おう

冒険家・S
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR