FC2ブログ

2017年、妙高コシヒカリ刈り取り作業。

昨日、妙高実家へ朝から稲刈りに行って来ました

DSC06167_convert_20171011215253.jpg

刈り始めて、直ぐに、妙に米が落ちているぞと、爺に言うと「きちんとネジや蓋を閉めてあるから」と言いきっていたのに
余りにも、米が落ちているので、コンバイン機械の外装蓋を外し、原因を調べると やはり閉め忘れのレバーが開いていて、そこから米漏れ・・
しっかりしてくれ

DSC06170_convert_20171011215523.jpg

そして難所の田んぼ底なし沼

DSC06168_convert_20171011215345.jpg

やはり埋まり マジビビりました
埋まった瞬間、即座にコンバインを下りて、何とかバックし、埋まるのを回避
危うく埋まり、終了になる所でした

DSC06172_convert_20171011215553.jpg

パッと辺りを見渡すと
詰まった状態で、無理に刈り取った結果 機械のベルトに負荷が掛り、ベルトが滑り白煙が上がっていました
あ~~~あ~~ 無理すると、そうなるんです
時間は喰うし、部品は交換しなければいけないし 金も掛る 可哀想

DSC06176_convert_20171011215610.jpg

1枚の田んぼで、3時間を要しました

DSC06178_convert_20171011215410.jpg

駄目 爺が気を気かし 知り合いに、頼み1枚田んぼを刈ってもらいました(当然、刈り賃は払います)
このコンバインは、値引きしてもらって、715万円ですって
うちの中古2条刈りコンバインではなく、4条刈りで、POWERも半端無く

DSC06179_convert_20171011215439.jpg

うちのは、POWERが無いので、詰まらない様、壊れない様に、やわやわ刈ってるのを、4条刈りは、ガンガンとPOWER刈りし、うちので刈ると、2時間半掛かるのを、僅か40分で刈り取り終了
やってらんネ~~~~~

DSC06180_convert_20171011215623.jpg

この1枚を刈ってもらえたので

DSC06181_convert_20171011215358.jpg

この日で、稲刈りを終わらそうと

DSC06182_convert_20171011215420.jpg

頑張りました
大きな田んぼ3枚を刈り取りが終わり 
今日からは、1週間は雨予報
なので、無理をしつつ、休憩もせず。

DSC06183_convert_20171011215452.jpg

小さな田んぼ2枚も刈り取る事に
めちゃ倒れていて、時間を要しましたが

DSC06184_convert_20171011215639.jpg

この日中にやってしまいました。

DSC06185_convert_20171011215658.jpg

小さい田んぼ、1枚目も終わり

DSC06186_convert_20171011215716.jpg

2枚目は、更に倒れていて、機会が詰まるギリギリでの作業
めちゃ疲れましたが 何とか2017年度の稲刈りが終わりました

DSC06187_convert_20171011215507.jpg

泊まりの覚悟で、2日間掛かる見込みが、刈り取り作業を手伝ってもらえたので、1日で終了 助かりました
しかし終わったのは、17時前、無駄な時間を省きたいので、そのまま先輩の理髪店で散髪してもらい、帰宅は20時
季節外れの暑さで、顔は焼け焼けでの疲労度MAX
激疲れました

冒険家・S

3連休明けでの激忙し日。(10月11日、その2)

昨日、二葉屋 葉隠さんの、そば脱穀作業に行って来ました。
今年で、3年目かな 慣れたもんです。

DSC06109_convert_20171010211958.jpg

ヒメグモ系の蜘蛛
キモ

DSC06111_convert_20171010211915.jpg

太陽が雲の切れ間から照ると暑くなる感じで、脱穀作業に最適な天候

DSC06113_convert_20171010211706.jpg

2時間半で、脱穀作業は完了
茎や葉を選別し、お昼に(12時
私は、ここで帰宅

DSC06114_convert_20171010211745.jpg

前々から、妙高のスキー部OB先輩から予約を受けていて、その団体さんの(18名)接客対応へと仕事をしに戻りました
数日前から仕込みをし戻してあったグルメ界の極太高級ゼンマイ これだけで1万円以上です
雑きのこ汁やゼンマイ料理、玄ざるそばなどを提供
皆さん、綺麗に全て食べて行かれました。

DSC05668_convert_20171007225402.jpg

15時からは、戸隠そば商業組合麺’Z倶楽部での献納祭蕎麦畑の蕎麦刈り作業

DSC06115_convert_20171010211851.jpg

収穫のお祓い神事を受け。

DSC06118_convert_20171010211501.jpg

4隅を鎌入れし

DSC06123_convert_20171010211534.jpg

蕎麦刈り作業に入りました
私は、今シーズンの蕎麦刈り作業は3回目です

DSC06128_convert_20171010211729.jpg

白装束での作業

DSC06130_convert_20171010212215.jpg

蕎麦畑には、何故か大根がかなり生えていました

DSC06133_convert_20171010212155.jpg

蕎麦畑で、蕎麦を蒔く以前育てていた大根が発芽し成長したのでしょう。

DSC06141_convert_20171010212435.jpg

良い感じで実っています。

DSC06135_convert_20171010212251.jpg

人足がそこそこ集まっていたので、1時間程で刈り取れました

DSC06140_convert_20171010211934.jpg

島立てし追熟と

DSC06146_convert_20171010211759.jpg

乾燥
右奥に見えているのは、戸隠山連峰です

DSC06144_convert_20171010212323.jpg

ニオイアシナガタケ(食不適)かな 
蕎麦畑内に生えていました。

DSC06149_convert_20171010212451.jpg

来週、脱穀作業です。

DSC06154_convert_20171010212139.jpg

綺麗な景色

DSC06159_convert_20171010211813.jpg

献納畑で採れた献納大根
持ち帰って来ました。

DSC06163_convert_20171010211519.jpg

多忙な1日で、季節外れの暑さに、日焼けし激疲れる1日でした

今日は、これから妙高へ行き 実家の稲刈り作業です
戸隠小学校マラソン大会への応援には行けないな

冒険家・S

私事ですが・・ (10月11日、その1)

数日前に、誕生日を迎えました
ナカヤさんで、お祝いをしていただき

DSC06086_convert_20171009045706.jpg

馬刺し

DSC06087_convert_20171009045601.jpg

揚げ焼き

DSC06089_convert_20171009045530.jpg

各種串焼き

DSC06090_convert_20171009045450.jpg

誕生日ケーキを(クローバーさん)奥さんが用意してくれていて、皆で美味しくいただき

DSC06093_convert_20171009045429.jpg

色々な方々から、プレゼントを

DSC06101_convert_20171010211602.jpg

多数いただきました
載せませんけど まだまだ、沢山のお祝い品あり

DSC06104_convert_20171010211827.jpg

今年は、沢山いただき過ぎで罰が当たりそうです

DSC06164_convert_20171010220023.jpg

メールから LINE Facsbookなどで、北海道から沖縄の方々まで、お祝い連絡ありがとうございました

冒険家・S

平成29年度 長野市 空手道大会。

3連休中日に、長野市豊野にて、空手の大会に息子が出場。
まだ低学年なので、引率保護者として連れて行きました。

DSC05970_convert_20171009045416.jpg

ウォーミングUP

DSC05979_convert_20171009045505.jpg

昨年に続き、2回目の出場。

DSC06058_convert_20171009045655.jpg

1年生~4年生、緑帯紫帯・型の部
3回勝ち上がり、決勝へ。

DSC06001_convert_20171009045547.jpg

4名で行われる決勝戦
緊張した息子は、最後の最後で、型を忘れてしまい、1つ飛ばして終了・・
その結果0.2点差足りなく4位でした
型を忘れずに決めていれば、3位だったとの事  あ~~~あ~~~やっちゃった

DSC06005_convert_20171009045518.jpg

こちらは、30代の知り合いが初出場していました

DSC06013_convert_20171009045615.jpg

息子が空手をやり始めたのをきっかけに、父親としても空手道に入ったとの事
凄いと感動し尊敬しました
始めたばかりとは言え 頑張っていましたし 私も見習わなければと思いました

DSC06018_convert_20171009045630.jpg

昨年に続き 4位の表彰状 3位だったら銅メダルだったので、本当に惜しかった

DSC06061_convert_20171009045722.jpg

帰りの車内では、不細工な顔で即寝し 死んでいました
相当疲れたのでしょう。

DSC06076_convert_20171009045641.jpg

これから冬に向けて、フリースキーの練習も本格的に始まりますけど、来年度に向けて空手の練習も頑張ってもらわないと

冒険家・S

玄そばの実、手磨き処理作業。

戸隠在来種の玄そば実を、二葉屋 葉隠さんより、いただきました。

DSC03707_convert_20170901220816.jpg

埃や蕎麦のヘタ・ゴミを取り除かないと、石臼で挽いた時に、えぐみが出るので磨きが必要です。

DSC03713_convert_20170901221046.jpg

当然製粉工場にある高価な磨き機械がある訳でもなく、米用の精米機を使ったりで、綺麗に出来るのですけど
量が少ないし、お金を掛けて精米機を買う必要もない為に、網ネットに入れて、揉みまくります

DSC03712_convert_20170901221019.jpg

15分程揉むと、御覧の通り これだけのゴミが出ます。

DSC03715_convert_20170901221845.jpg

水で洗い流し

DSC03708_convert_20170901222511.jpg

水分を飛ばす為に干します

DSC03711_convert_20170901221033.jpg

綺麗に、蕎麦の実のヘタや、ゴミが洗い落ちました。

DSC03716_convert_20170901220922.jpg

そして、1番難しいのが水分量

DSC03718_convert_20170901221004.jpg

湿っていたり水分量が多いと、石臼では挽けません
挽いても粉になりません

DSC03719_convert_20170901220949.jpg

水分量としては、16~18%で調整します。

DSC03720_convert_20170901221113.jpg

手間暇掛けて

DSC03738_convert_20170901221128.jpg

ようやく、石臼で挽けます。

DSC03739_convert_20170901221929.jpg

1㌔の玄そばを挽くのに、挽き続けて45分
挽いた粉を、篩に掛けて。

DSC04186_convert_20170913230552.jpg

メッシュの網目を何種類か使い分け。

DSC04187_convert_20170913230744.jpg

何種類かに分けます。
ここから、もぅ2手間程掛けて

DSC04189_convert_20170913230935.jpg

その挽いた玄そば粉で、そばを

DSC04184_convert_20170913230525.jpg

打ちます

DSC04185_convert_20170913230603.jpg

戸隠在来種の玄ざるそばです

DSC04190_convert_20170913230717.jpg

恐ろしく、手間暇掛かっていますが
これが昔ながらのそば
殻ごと石臼挽きした玄ざるそば 限定、各5食づつですが お勧めです

冒険家・S

2017年、長野市、川中島古戦場祭り。

MSNGメンバー(M宮城・S埼玉・N長野・G岐阜)が集結()したので、川中島古戦場祭りに、初めて息子と奥さんを連れて(私は、昨年に続き2回目)行って来ました

DSC05739_convert_20171007225342.jpg

長野市商工会青年部更北支部部員が頑張って、焼うどんや生ビール えびせん・南三陸産の秋刀魚を販売

DSC05758_convert_20171007225420.jpg

息子と奥さんは、青年部特別特権で、良い場所で花火を観覧

DSC05791_convert_20171007225503.jpg

凄い打ち上げ花火が上がっていました

DSC05825_convert_20171007225435.jpg

3連休初日で、忙しい中でしたが 連れて来て良かったです

DSC05847_convert_20171007225520.jpg

南三陸産、新秋刀魚
マルセンさんからの仕入れ。

DSC05868_convert_20171007225538.jpg

更北青年部さんから、無料でいただいてしまいました
めちゃめちゃ美味かったです
この他に、生ビール2杯・岐阜白川町青年部員さんから、何茶こりゃシューマイ(特産の白川御茶練り込みシューマイ)・白川町産の大豆を使った揚げ4枚入り6袋・豊野商工会青年部員さんが作る うどんと全てサービスで、いただいてしまいました
本当に、御馳走様でした

DSC05882_convert_20171007225618.jpg

次々と花火が上がり

DSC05888_convert_20171007225307.jpg

岐阜県白川町さん達も、遠くから遠征


DSC05927_convert_20171007225213.jpg

花火が沢山見れて、こちらも御馳走様した

DSC05941_convert_20171007225634.jpg

後片付けも手伝わず帰宅してしまい 申し訳無かったですが 帰路の混む前 早めに帰宅
南三陸産、新秋刀魚を10匹 購入して来ました

DSC05965_convert_20171007225319.jpg

本日のお手伝いは出来なかったのは、3連休初日&本日が 息子の空手大会があり、早朝出発なので、川中島古戦場祭りの打ち上げも手伝いも出来ませんでした
3連休中日ですが 本日、私だけお店を休み 留守にしています。
MSNGメンバーが、本日来店予定 私は留守ですが 色々、本日に備えて仕込みをしてあるので、後は優秀なスタッフさんと、奥さんに任せます

冒険家・S

中社のそば屋 二葉屋 葉隠。

昨日、奥さんと休みが取れて、(大久保の茶屋はOPENしています)午前中は、お店の買い出しをし、午後からは、中社地区の二葉屋 葉隠さんへ

DSC05653_convert_20171006202144.jpg

季節の天ぷら盛り合わせ(サービス込み込み盛り)

DSC05654_convert_20171006202414.jpg

亭主渾身の1品(そば前・自家製ぬか漬け・ぬか漬けチーズ・ぬか漬け豆腐・ウシゴボウ・ふき味噌焼き)
美味いに決まっています

DSC05655_convert_20171006202222.jpg

鴨抜き

DSC05656_convert_20171006202323.jpg

亭主厳選の日本酒(Japan)を3合いただきました
全て、外れの無い芯の通った美味い酒をたらふくいただき

DSC05658_convert_20171006202300.jpg

〆のそば

DSC05659_convert_20171006202459.jpg

奥さんと、今後の店のあり方や経営方針(大久保の茶屋)などの濃い話を、良い雰囲気、空間、美味い酒、美味いそばを食べながら話し合いをしました。

冒険家・S

新型石臼。(10月6日、その2)

石臼を目立てに出していた、長野市豊野の中沢石工所へ。

DSC04183_convert_20170913230731.jpg

中沢石工所の社長から「この石臼を試しに使ってみろや」と、違う種類の石臼を借りて来ました。

DSC05155_convert_20170923112936.jpg

形状も平らではなく、山型です。

DSC05154_convert_20170923112920.jpg

試しに使ってみると・・

DSC05156_convert_20170923113017.jpg

凄い挽き具合

DSC05157_convert_20170923113003.jpg

綺麗に蕎麦皮が挽ききれていて、実も綺麗に粉砕されていました
この石臼凄いぞ
少しの間、お借りして試し挽きし、石臼の目立て減り具合を調べます
具合の良さによっては、この石臼を買い取ろうかと・・

DSC05162_convert_20170923112950.jpg

時間を見つけては、そばつゆのかえしと、天つゆのかえしを取っています

DSC05620_convert_20171005201412.jpg

きのこ狩りばかりしているのではなく、ちゃんと仕事をしています
何やらかんやら、雪が降る前に、知り合いからの予約が殺到し、その時に出す料理の仕込みなどを含め、毎日忙しいです
料理は仕込みで決まります そして、その料理に使う食材の質が非常に大切です
食材集め(春の山菜・今が旬のきのこ)は、本当に大切な仕事(私にとっては遊び)なのです

冒険家・S

息子と、きのこ採り第3弾。(10月6日、その1)

一気に気温は下がり、昨日は4℃

DSC05613_convert_20171005201057.jpg

学校から帰って来てた、息子を連れてきのこ狩り
ナラタケを少し採り

DSC05621_convert_20171005201345.jpg

「死の殺し屋」ドクツルタケ

DSC05622_convert_20171005201431.jpg

ハナイグチ

DSC05626_convert_20171005201505.jpg

捕獲

DSC05629_convert_20171005201517.jpg

ハナイグチ幼菌

DSC05630_convert_20171005201641.jpg

1番の目的だったハナイグチ8本。
他に、クリタケナラタケナメコと捕獲

DSC05633_convert_20171005201656.jpg

息子が小学校から借りて来た「きのこ図鑑(小学館)」
私に見せる為に借りて来たそうです。

DSC05636_convert_20171005201331.jpg

しかもDVD付き(凄ぇ~~~
図鑑を2人で見て、きのこの勉強をし、DVDも2人で見ました
この図鑑 買おう

DSC05635_convert_20171005201813.jpg

きのこ勉強したので 次回のきのこ狩りに活かそう。

冒険家・S

十五夜。

曇りの中ですが、満月が綺麗でした
寒気が入って来たのと、放射冷却の影響で、激寒

DSC05606_convert_20171005062956.jpg

イノシシハンバーグ
全く獣臭を感じなく、肉汁たっぷりの美味しいハンバーグでした

DSC05607_convert_20171005062940.jpg

昨日、何茶って、蕎麦畑の蕎麦刈りをしましたが
色々あって、データーが消えてしまい 写真が無いです
現在、追熟中ではあります

冒険家・S

2017年度の蕎麦刈り作業。(第1弾)

中社、そば屋 二葉屋 葉隠さんの、そば畑。
昨日、天気が怪しいながらも 蕎麦刈りに行って来ました

DSC05568_convert_20171004011859.jpg

実入りは、まずまずでしょう。
雨も途中、落ちてきたたりはしましたが

DSC05575_convert_20171004011043.jpg

2時間程で刈り取り作業を終えて、追熟させる為に島立て。
1週間後に脱穀作業ですネ

DSC05571_convert_20171004011810.jpg

紅葉と新そば前で、戸隠の客足は、一段落 夏の混雑時が落ち着き 昨日は、奥さんと揃って久々の休みでしたが 
午前中は、蕎麦刈り 午後は、息子の秋服を買いに市内に下りて、お店の仕込み品やら何やらで潰れ、夕方から戸隠そば祭りの会議で、2時間打ち合わせで、休みと言ってもサービス業職は、こんなもんです

そして、私がお店に居る時は良いのですけど 留守に、知人が来店し、「内田の妹ですと伝えてもらえれば分かりますから」と言って帰ったらしいのですけど 内田の妹と言われても、知り合いの内田ってだけで めっちゃいるので 誰か分かりません
下の名前も聞かないと、伝えてもらわないと分からない こちらからは、下の名前を聞くのも失礼ですし 難しい・・
さて、誰の内田さんだったのだろうか・・

冒険家・S

時間を見つけては、きのこ狩りへ。(10月3日、その4)

そば打ち後に お店を抜け出し山へ 食材探し(時間制限つき・お昼前まで

DSC05543_convert_20171002220730.jpg

ハナイグチ

DSC05546_convert_20171002221007.jpg

本当に今シーズンは、生えていません

DSC05547_convert_20171002220843.jpg

まだ傘裏は、虫に食われてません

DSC05548_convert_20171002221026.jpg

ニガクリタケ(毒)
名前の通り、苦みがあります
クリタケ(食)と似ていますが 苦みがあるので食すと確実に分かりますと言うか 見た目がハッキリしているので、食べるまでもないです

DSC05549_convert_20171002220816.jpg

ナラタケ

DSC05552_convert_20171002220613.jpg

たまたまなのか 今年はナラタケの遭遇率が半端無いです

DSC05553_convert_20171002221051.jpg

キノボリイグチ

DSC05554_convert_20171002221110.jpg

生えている所を知っているので、絶妙なタイミングで

DSC05555_convert_20171002220558.jpg

捕獲

DSC05556_convert_20171002220945.jpg

これも傘裏は喰われてませんでした

DSC05557_convert_20171002221139.jpg

ニガクリタケ(毒)かと見たら

DSC05560_convert_20171002220913.jpg

ナラタケ幼菌でした
直ぐに分かる場所なので、2~3日後に、息子を連れて採りに来ますので、大きくなるまで放置。

DSC05559_convert_20171002221209.jpg

天然舞茸天ぷらそば
天然舞茸香と肉厚の舞茸の美味さが半端無い
食べたくても食べれるものじゃないので、ここぞとばかりに天然舞茸の旨味を舌に浸み込ませました

DSC05561_convert_20171002220714.jpg

きのこ狩りに山へ入る度に天然舞茸も探しつつ、色々な、きのこを探索をしています

冒険家・S

2017年も早10月で、残り3ヵ月。(10月3日、その3)

店前、バス停裏の木の上にあった 大きなキイロスズメバチの巣が・・

DSC05261_convert_20170924173112.jpg

無くなっているのを、息子が気づきました

DSC05405_convert_20170929212534.jpg

この間、台風並みの強風で木があおられて、落下しました
落ちた蜂の巣を見たくて、バス停裏に行くと キイロスズメバチが飛び交いまくっていて 襲って来たので無理せず諦めました

DSC05449_convert_20171001221755.jpg

蛾のも強風で落下して、アスファルト上に転がっていて、まるで○○○みたく見えました

DSC05428_convert_20170929212854.jpg

お店周りに、現在キツネが住み着いていて 駐車場に毎朝 をしているので、参ります
用事や会議が終わった後に、帰宅して来ると 必ず駐車場をウロチョロしています
お店の池に金魚を入れても、このキツネに喰われてしまうので、沢山飼えないのです。
8月に息子が捕獲した カジカは喰われず生きていました。

数日前にも、ペンション村へ下りる道で、ウリボウを少し大きくしたイノシシが9頭も道脇にウロウロしていて(素早くて撮れませんでした)、獣天国です
こんなんだから農作物もやられるし、田んぼ・蕎麦畑にも侵入され喰われるので、電柵が必要となる世の中になってしまっています
困ったもんだ

DSC05185_convert_20170924173954.jpg

息子がTVで見たと言って、みかんの皮を干し、風呂に入浴剤として入れるそうです

DSC05392_convert_20170929212423.jpg

私は、戸隠在来種の蕎麦の実を干しました

DSC05484_convert_20171001222231.jpg

時間を見つけて、ブレーキローターの交換へ
余計な出費に死にそうです

DSC05387_convert_20170928234925.jpg

9月から、戸隠ジュニアスキーのトレーニングが始まっています
息子は、空手練習が終わった後に、トレーニングがあり、帰宅後は宿題と 大忙し まぁ~親がやれと言って運動をさせているのではなく 自分でやると言っているのだから 頑張ってもらいたいですネ

DSC05437_convert_20170929212920.jpg

先週1ヵ月振りに妙高へ
久々の数ヵ月振りに、中郷区のニューミサへ

DSC05490_convert_20171001221807.jpg

久々でしたので、美味かったです

冒険家・S

2017年、秋突入。(10月3日、その2)

初秋から中秋に突入

DSC05336_convert_20170928235057.jpg

飯綱山の頂上も色づき始めました
雲は噴火雲に見えます

DSC05400_convert_20170929212233.jpg

高級ぶどうの「シャインマスカット」薄皮で、皮から食べるのが当たり前。
このシャインマスカットは、見掛けたら買いです
MSNG先輩が来店の際に、無農薬シャインマスカットを、いただきました
素晴らしく美味しかったです

DSC05208_convert_20170924173208.jpg

ながのパープル

DSC05401_convert_20170929212203.jpg

昔ながらのぶどうを、今風の美味しさに品種改良されています。
皮が厚いですけど これぞ、ぶどうと言う味で美味し

DSC05403_convert_20170929212332.jpg

天然の山栗
植樹したのではなく、何十年も前から自然に育ち、子孫を残してきています。
イノシシやクマの御飯です

DSC05408_convert_20170929212655.jpg

天然ドングリ

DSC05409_convert_20170929212840.jpg

きのこの軸を処理した残骸を捨てに、茂みに入ると アブラゼミが石苔にとまっていました。
この冷え込みの中なので、虫の息 辛うじて生きているのは分かりましたが・・

DSC05481_convert_20171001222245.jpg

背中の部分と、お尻のヶ所が、多分鳥に かじられていて空洞が見えていました
しかし微力ながらに羽を動かし生きていて 凄い生命力 驚きました

DSC05482_convert_20171001222039.jpg

戸隠の短い夏を、思い切り鳴いていたセミの声が、日中聞こえなくなる
秋も深まりつつあります

冒険家・S

第96回 凱旋門賞。(10月3日、その1)

1日の夜に行われた世界最高峰フランス凱旋門賞
日本最強馬のサトノダイヤモンドと、連れ添い馬のサトノノブレスが出走しましたが

DSC05541_convert_20171002220542.jpg

重馬場での走り慣れない海外馬場に、足を取られて・・ 16・17着と大惨敗
今年も駄目でした

DSC05542_convert_20171002220748.jpg

もぅチョイの所まで手が届きそうな凱旋門賞
日本悲願達成馬が待ち遠しいです

冒険家・S

2017年、きのこシリーズ、part3。(10月2日、その3)

昨日、夕方から、きのこ採りに山に入ると 突入5分で、舞茸臭がしたので、周りを見回すと・・
天然舞茸発見

DSC05495_convert_20171001222105.jpg

小さいながらも天然舞茸です

DSC05498_convert_20171001222304.jpg

今回採る時は、菌糸の土台を残し捕獲

DSC05500_convert_20171001222320.jpg

天然物なので、香がめちゃきついです

DSC05514_convert_20171001222643.jpg

大きさは、500g

DSC05517_convert_20171001222520.jpg

こんな感じです。

DSC05518_convert_20171001222749.jpg

早速、天ぷらにし いただきました
天然物なので、栽培物と違い香と風味、味共に素晴らしい

DSC05534_convert_20171001222815.jpg

2年連続で(昨年の天然舞茸は、10㌔)、奇跡の天然舞茸との遭遇
運を使い果たしたな

冒険家・S

2017年、きのこシリーズ、part2。(10月2日、その2)

2日前での、きのこ狩り
ナラタケ

DSC05420_convert_20170929212935.jpg

ハナイグチ(これは綺麗です

DSC05419_convert_20170929212734.jpg

ナラタケの当たり年

DSC05421_convert_20170929212302.jpg

1時間で、竹びく満杯です。

DSC05424_convert_20170929212758.jpg

竹びくの重さを引いて3.5㌔の収穫

DSC05425_convert_20170929212245.jpg

直ぐに処理する事に

DSC05426_convert_20170929212612.jpg

軸を切り落とし

DSC05430_convert_20170929212321.jpg

ハナイグチは、4本だけ

DSC05429_convert_20170929212905.jpg

火に掛け

DSC05431_convert_20170929212351.jpg

煮溢します

DSC05432_convert_20170929212956.jpg

何度も水を入れ替え ゴミや土・砂などを取り除くと御覧の通り

DSC05434_convert_20170929212747.jpg

手間暇掛けて、ようやく下処理すれば「天然きのこ」が使える様になります。

DSC05435_convert_20170929213009.jpg

きのこの玄木から「クリタケ」が生えてきていました。

DSC05474_convert_20171001222140.jpg

日曜日に、家族で、そばを食べに来て、そのまま息子と遊ぶ同級生

DSC05480_convert_20171001221841.jpg

一緒に、きのこ採りを手伝わせ

DSC05475_convert_20171001222053.jpg

婆さんと一緒に軸切り

DSC05451_convert_20171001222004.jpg

火に掛けて、下処理も手伝ってくれました

DSC05453_convert_20171001222026.jpg

お手伝い thank you

冒険家・S

2017年、きのこシリーズ、part1。(10月2日、その1)

数日前に、飲み仲間 H家の裏庭に、ナラタケの群生。

DSC05380_convert_20170928235955.jpg

ナラタケ群

DSC05382_convert_20170928234807.jpg

この日は、3㌔

DSC05384_convert_20170929000158.jpg

カラマツ林中に、多く見掛けられる薄赤いきのこ「ドクベニタケ」

DSC05410_convert_20170929212823.jpg

名前の如く毒きのこです
以前、山で採った人がうちへ持ち込み 「これ沢山採ったのですけど 食べれますか」 「いえいえ毒きのこですょ

DSC05412_convert_20170929212548.jpg

今年は、大不作の「ハナイグチ」

DSC05414_convert_20170929212707.jpg

本当に生えていません。

DSC05415_convert_20170929212635.jpg

今年は、貴重なきのこになりそうです。

DSC05417_convert_20170929212720.jpg

戸隠食協きのこ展2日目。
1日目に比べて、展示きのこが多少増えましたが やはり不作で、例年に比べると種類が少ないです

DSC05454_convert_20171001222219.jpg

天然マイタケ(幼菌なので黒いです)数日経過すれば、大きくなりますが
人に見つけられ採られる前に、大きくなる前に採ってしまったそうです 勿体ない

DSC05455_convert_20171001222630.jpg

出たぁ~~~~死の天使「ドクツルタケ」1本食べると死にます

DSC05461_convert_20171001222206.jpg

シロタマゴテングタケ。
ツルタケ系は、大体毒ですけど ドクツルタケは、ぶっちぎりで超猛毒です。

DSC05462_convert_20171001222508.jpg

群馬県で貴重されているきのこ「チチタケ」
群馬では、このチチタケから出汁を取った「ちたけうどん」「ちたけそば」が名物となっております。

DSC05463_convert_20171001222859.jpg

これは珍しいきのこ、龍が登って見えるので「ノボリリュウタケ

DSC05464_convert_20171001222922.jpg

キヌハダニセトマヤタケ(毒
傘とツガの部分が分離してしまいました。
うちの息子が落としたからです。

DSC05466_convert_20171001223136.jpg

エセオリミキ(食)

DSC05467_convert_20171001221856.jpg

私が採って持ち込みました

DSC05468_convert_20171001222122.jpg

きのこの鑑定は難しいですので、これは絶対に大丈夫と言う きのこ以外は絶対に、口にしてはいけません

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR