FC2ブログ

キジバト。

山菜採りに、山に入ると聞こえてくる「デ~デポッポ・デ~デポッポ」の鳴き声の主「キジバト

DSC00282_convert_20170525063022.jpg

私がそばの外殻と実を分け飛ばした、そばの実破片を、啄みに、つがい(夫婦)で飛んで来て食べています

DSC00280_convert_20170525063342.jpg

分かるのにも感心しますし、良くしたもんです。

冒険家・S

いただいた戸隠在来種そば粉。

留守中に、私宛に、そば粉が届いていました

DSC08348_convert_20170403065307.jpg

戸隠在来種そば粉。

DSC08349_convert_20170403065358.jpg

つなぎを少し入れ。

DSC08352_convert_20170403070945.jpg

合わせ

DSC08350_convert_20170403065439.jpg

水回し

DSC08351_convert_20170403065545.jpg

延しは、撮り忘れました
切って

DSC08357_convert_20170403072217.jpg

皆で、賄い試食

DSC08360_convert_20170403071505.jpg

戸隠在来種と言う味わいでした
美味しかったです

冒険家・S

2017年、戸隠レンジャー木こり作業。(6月4日、その3)

先週、戸隠レンジャー木こり作業で、奥社から戸隠キャンプ場へ抜ける「ささやきの小径」

DSC00478_convert_20170601125322.jpg

ラショウモンカズラが咲いていました

DSC00479_convert_20170601125704.jpg

葉の奥まで切り込みがあり、こちらは白い花が咲いているので、「ニリンソウ」

DSC00484_convert_20170601125645.jpg

ニリンソウ群生の中には・・

DSC00487_convert_20170601125520.jpg

同じような葉の形をしている、切り込みが奥まで入っていない「激毒草トリカブト」
素人では見分けがつきにくいし 食べないのが1番
ニリンソウは、たいして美味くないし、食べないのが安心です

DSC00488_convert_20170601125903.jpg

ハルゼミ抜け殻。

DSC00495_convert_20170601130828.jpg

しなり倒れた木から上へと枝が伸びていました
数十年後には、どの様な木になって育つか楽しみです

DSC00498_convert_20170601130302.jpg

冬季間に倒れた倒木。

DSC00502_convert_20170601131119.jpg

チェーンソーを使い。 

DSC00503_convert_20170602123802.jpg

片付けられる大きさに切断

DSC00505_convert_20170601125940.jpg

この作業を戸隠キャンプ場まで行いました

DSC00508_convert_20170601130350.jpg

結構きつい仕事

DSC00509_convert_20170601130626.jpg

フデリンドウ

DSC00512_convert_20170601130842.jpg

タチツボスミレ

DSC00513_convert_20170601125454.jpg

暑い中での作業は大変でした

DSC00515_convert_20170601125341.jpg

あ~あ~~ やっちゃった
チェーンソーの刃が 木に挟まり抜けません

DSC00516_convert_20170601131407.jpg

何度も助けてもらいました

DSC00518_convert_20170601125630.jpg

イリュージョン 木に挟まり2台浮いています
手ノコギリを使い救出
木の切り方は、素人には難しいです 私は、5回程、チェーンソーの刃を喰い込ませました(ド下手くそ

DSC00531_convert_20170601131451.jpg

ユキザサ

DSC00532_convert_20170601130322.jpg

ルイヨウボタン

DSC22892_convert_20170604055052.jpg

戸隠キャンプ場付近ラスト倒木を切って

DSC00534_convert_20170601132135.jpg

任務完了
全部で7本程片付け 重いチェーンソーを持ち歩きながらの3㌔徒歩作業は疲れました

DSC00535_convert_20170601132406.jpg

近くの倒木も片付けたら「キハダ」

DSC00536_convert_20170601131158.jpg

昼食後 午後からも違う場所の倒木を数本切断撤去
熊野の塔入口の階段も修繕が必要です

DSC00554_convert_20170601132158.jpg

今週も戸隠レンジャー作業があります

今日は、G1安田記念
大混戦なので、手広く レッドファルクス・グレーターロンドン・エアスピネル・サトノアラジン・イスラボニータ・ステファノスまで。

冒険家・S

梅雨時前、植物成長過程。(6月4日、その2)

2017年、夏蕎麦の成長が進んでいます

DSC00628_convert_20170602214817.jpg

 被害も無く 無事でなによりでした

DSC00630_convert_20170602220244.jpg

超~~~希少種も順調に葉を大きく成長させ

DSC00623_convert_20170602214848.jpg

茎の軸には、待望の蕾

DSC00624_convert_20170602215244.jpg

次の日には、蕾に薄いピンク色が見られました

DSC00643_convert_20170604000208.jpg

土壌改良した庭の超~~~希少種は御覧の通り。

DSC00647_convert_20170604000637.jpg

全開で蕾を膨らませています
開花間近
昨日・今日の気温低下が心配です
一昨日は、戸隠で5℃まで、気温が低下し 志賀高原では雪が舞ったそうです 6月ですょ

DSC00645_convert_20170604000235.jpg

クマガイソウ群生も満開です

DSC22994_convert_20170604001614.jpg

こちらは散り始めています。

DSC22993_convert_20170604001559.jpg

山野草は、終盤中の終盤。
今年も目と心を楽しませてくれました
残すは、大御所の開花を待つのみ

冒険家・S

2017年、今シーズン初の草刈りと外仕事。(6月4日、その1)

大久保の茶屋 プチ農園(バス停横)と、バス停周りの雑草がボウボウでしたので
大奥さんに頼まれ草刈りをしました

DSC22992_convert_20170604001546.jpg

山菜採り ばかりしていて、草刈り作業を放置していたので、やらなきゃなぁ~とは思っていましたが
昨日、何とか出来ました
家裏も19時まで掛かり、簡単にですけど、草刈りが終了。
順に店周りの第1回目草刈り作業を、こなして行きます

DSC22997_convert_20170604001459.jpg

冬季間に枝払いをした、桜の木枝も

DSC22995_convert_20170604001534.jpg

やっと片付けました

DSC22996_convert_20170604001520.jpg

敷地が広いって最悪です(飲食店作業じゃない

冒険家・S

2017年、雪がくしそば。(6月3日、その3)

先月まで、雪室に埋めてあった戸隠在来種

DSC00455_convert_20170530224854.jpg

届きました。

DSC00456_convert_20170530224953.jpg

丸抜き(剥き身)

DSC00458_convert_20170530224918.jpg

手引石臼挽きをし

DSC00459_convert_20170530224933.jpg

篩振りせず、極粗でつなぎます

DSC00563_convert_20170601115814.jpg

雪がくしそば打ち

DSC00565_convert_20170601115936.jpg

切り

DSC00566_convert_20170601120014.jpg

2017年、雪がくしそば

DSC00578_convert_20170602123828.jpg

今年は、限定5食づつの提供となります。(雪がくしそば粉が終わるまで)
玄そばも限定5食づつの提供なので、食べ比べも出来ますし、通常そばとも食べ比べると、3色そばが楽しめます
そば粉と挽き方の違い・味の違い 
期間限定ですので お薦めです

冒険家・S

2017年、竹の子採りin妙高へ、5回目。(6月3日、その2)

久々の竹の子採りに、今までと違う山に入りました
標高が高いだけあり、ようやく生え始め

DSC00593_convert_20170602214721.jpg

竹の子の頭が見え隠れしている状態のを探すのに大苦戦しますけど
その代わりに、見つければ根元まで食べれる 生え始め特有の極上品

DSC00595_convert_20170602215211.jpg

時間こそ掛かりますけど、少しづつ見つけては採りました

DSC00596_convert_20170602215303.jpg

竹の子が散乱していました。
これは・・

DSC00598_convert_20170602215319.jpg

の食事後です

DSC00600_convert_20170602214736.jpg

が食べた かじり後。
DNA鑑定すれば 確実です

DSC00603_convert_20170602215620.jpg

こんな食べ後場所が そこら中にありました
怖い怖い

DSC00605_convert_20170602215926.jpg

朝は青空が見えていましたが
途中から雷が鳴り 大雨が一時降り 止んで日差しが射したかと思えば また土砂降りになり 身体は、びしょ濡れの冷え冷え
風も冷たく、体力と根性はありましたが 寒くて竹の子採りどころではなく 低体温症の危険も合ったので下山

DSC00615_convert_20170602214756.jpg

大した量を背負ってなかったので、1度も休憩しないで1時間で下山
土砂降りで ぬかるんだ登山道を何度も滑り転びました(歳だ

DSC00626_convert_20170602220018.jpg

以外にも26㌔も採って来ていてビックリ
これくらいの量を運ぶのが楽で、今の私の年齢に合っているのだと痛感させられました
30㌔までが楽で、40~50㌔も一気に運んではいけないと改めて思いました
もぅ昔ほど若くないし 無理しない事が大切です

冒険家・S

2017年、竹の子保存処理。(6月3日、その1)

先週の金曜日に採った竹の子を処理しました。(数日前)

DSC00476_convert_20170602225548.jpg

大変な皮剥き作業後

DSC00556_convert_20170601115648.jpg

節抜きをします

DSC00557_convert_20170601115721.jpg

竹の子を処理するのは、本当に手間暇掛かるのです

DSC00558_convert_20170601115736.jpg

採りながら、あれだけ根元を、へし折り採ってきても これだけの固くて食べれないゴミが出ます
知らない人達は、ゴミを大変な思いをして、山からせっせと背負い運んで来ます

DSC00559_convert_20170601115916.jpg

ざっと洗い

DSC00568_convert_20170601115759.jpg

保存瓶に、詰めるだけ。

DSC00570_convert_20170601120036.jpg

詰め込みます

DSC00571_convert_20170601115953.jpg

釜のお湯を

DSC00572_convert_20170601120328.jpg

満杯になるまで注ぎ

DSC00573_convert_20170601120125.jpg

瓶の蓋を締め。

DSC00574_convert_20170601115703.jpg

煮沸

DSC00576_convert_20170601120227.jpg

これで20分煮沸し 1度上げてから、瓶の蓋を本締めし 更に20分煮沸

DSC00577_convert_20170601120206.jpg

蓋上に、保温作成日付けを書き

DSC00631_convert_20170602231253.jpg

完成です

DSC00632_convert_20170602231307.jpg

採って来てからの処理が大変で、採って来るのが更に大変
竹の子の瓶詰めが高額で売られている理由は、非常に手間暇掛かっているからなのです
皆さん、分かって理解してくれましたか
実際に、竹の子を採りに竹藪に入り、竹の子の処理をしてみないと、この大変さは分からないと思いますけど・・

冒険家・S

冷蔵庫で放置。

せっかくグルメ界で捕獲して来た「極上山ウド」
冷凍庫に入れっぱなしにしていて忘れていた為 萎れてヘナヘナになっていました
色々忙しく、完全に忘れちゃっていました
山ウドさん ごめんなさい

DSC00171_convert_20170522000459.jpg

先程、竹の子採りから帰宅しました
後程UPします。

これからKトラのセンサー部品故障交換とタイヤ溝無し交換、歯医者&仕事用品買い出しで、市内に下ります

冒険家・S

続・いただき品。

戸隠産、激美味高原アスパラ
平場・平地産と違い、標高の高い場所で採れるアスパラは、美味さのLVが違います
御馳走様です
息子が喜んで食べます

DSC00257_convert_20170525062956.jpg

前回いただいたヒラメ刺身を(本物エンガワも)ヒラメ丼に、超~~~~~贅沢
激美味さでした

DSC00264_convert_20170525063249.jpg

初めて見ましたが
柿ジャム
これからいただいて見ます

DSC00314_convert_20170525063116.jpg

皆さん、美味しい食材ありがとうございます
舌を肥やす為に、参考になります

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR