FC2ブログ

2017年、戸隠ナイターソフトボール 北部チーム開幕戦。(5月16日、その1)

昨夜、我が北部チームの開幕戦でした
いつもの如く、北部チーム人数は、9人ギリギリ(30~40歳代2名程どうにかならないのかな)

DSC09972_convert_20170515221813.jpg

昨年秋のトーナメントから参戦の「飯綱チーム」との試合
めちゃ良い試合をし、7-7で迎えた5回表 三者凡退で終わった北部 嫌な予感で5回裏へ・・
私の連続パスボールで、7-8 サヨナラ負け

DSC09973_convert_20170515221828.jpg

フォアボール(四球)は、1つも出さなかったし、打ちとってのERRORが多いのと、打てない これが1番の問題
まぁ~~~所詮オッサン達のソフトボール試合 
怪我が無く、楽しければ それが1番の目的ですから 
怪我の無い様、無理せずPLAYします(まずは、減量から・・)

冒険家・S

山菜大量入荷。(5月15日、その2)

ブログで知り合った市内の「よしゆーあ」さん山菜ハンターTさん達にお願してあった山菜が届きました

DSC09896_convert_20170514194210.jpg

山ウド・ワラビ・天然タラの芽・竹の子

DSC09898_convert_20170514194251.jpg

山ウドは50㌔
ありがたい事です
お店のスタッフさん達、総出で処理し、早速お客様に提供させていただきました

DSC09899_convert_20170514194325.jpg

竹の子は、息子が天ぷらで食べていました

DSC09927_convert_20170514193411.jpg

私の晩御飯 
旬の山菜天ぷら

DSC09928_convert_20170514194417.jpg

山ウド天

DSC09932_convert_20170514193452.jpg

コシアブラ天

DSC09933_convert_20170514193141.jpg

昨日は、天気が良かったのもあり、人足不足の時に限り忙しいと言うお決まりパターン
小予約数組と、私の友達が数組、元会社の同僚夫婦が(11年振り)突然の来店にビックリ
店内は、大型連休振りに満席・席待ち多数で、注文MENUは、山菜天ぷら・山菜料理がほとんど
この旬の時期に、山にまで来て、天ざるは・・ だと思います
皆さん分かってらっしゃいます

昨夜は、夕方から即寝し、これから妙高へ行き 今シーズン初の竹の子採りに行って来ます
時間が作れなく 本当はGW明けからガンガンに行きたかったのですけど 待望の初竹の子採りに行けます
お昼時に、中予約の来店があるので、時間制限つきですけど、採れるだけ採りまくって来ます

冒険家・S

土曜日の日に。(5月15日、その1)

冬季間、店内で冬越え飼育していた金魚を、ようやく池に放す事にしました。

DSC09886_convert_20170514192938.jpg

息子が放したいと言う事で、息子の都合待ち(金魚には大迷惑
金魚4匹・モロコ3匹しか放せていませんが
実は、昨年度にも金魚200匹は池に入れたのですけど 入れる度に、テンorハクビシンに食べられてしまい 沢山入れても餌になるだけなので、入れるのを止めました
今年も金魚は入れてから食べられない様に、対策を打とうと考えています

DSC09888_convert_20170514193315.jpg

市内に下り 母の日のプレゼント花を息子が選び購入

DSC09900_convert_20170514194116.jpg

夕方には、上越市中郷区の焼き肉豊岡に数年振りに来店

DSC09903_convert_20170514193826.jpg

ここのお肉は、現在私の中では、最強です
うちでBBQをする時は、ここまで買いに来ています

DSC09904_convert_20170514194433.jpg

店内での、久々の食事に感動しました
おばさん達も、私の事を覚えていてくれて、久々に会えて話せ(購入しに来る時は、いつもバイトさん)、元気そうでなによりでした。

DSC09920_convert_20170514193235.jpg

普段は小食の息子も久々にガツガツ

DSC09908_convert_20170514192642.jpg

たまにの店内食事も良いもんでした

冒険家・S

2017年、コシアブラ。

一昨日ですけど
今シーズンのコシアブラを採りに山に入りました
まだ小さいながらも

DSC09867_convert_20170513070036.jpg

標高の低い場所へ下ると、採り頃のLVのコシアブラ

DSC09866_convert_20170513065920.jpg

下へ下ると この食べ頃サイズ

DSC09874_convert_20170513070242.jpg

GET

DSC09872_convert_20170513070109.jpg

命の危険が無い、年寄専用山菜コシアブラ採り
毎年つまらない、つまらないと言いつつ

DSC09876_convert_20170513070311.jpg

竹細工魚籠一杯

DSC09877_convert_20170513070255.jpg

2時間で、1キロ程の収穫

DSC09879_convert_20170513064452.jpg

山菜天ぷらに、てんこ盛りで提供しています

今日のG1ヴィクトリアマイル
馬場状態が気になりますけど ジュールポレールから

冒険家・S

2017年、戸隠雪がくしそば掘り出し作業。(5月13日、その3)

今年から、うちの(大久保の茶屋)駐車場に埋めてあった「雪がくしそば」の掘り出しを行いました

DSC09857_convert_20170513065443.jpg

雪融けスピードが半端無く、これ以上埋めておく事が出来なくなり、例年と同じGW後に掘り出しました

DSC09858_convert_20170513065604.jpg

約4ヵ月 雪室内に寝かせておいた「戸隠在来種秋新そばの実」

DSC09859_convert_20170513065354.jpg

雪室効果で、そばの実は、ひんやりと冷えていて、最高の状態でした

DSC09862_convert_20170513065757.jpg

後片付けもして

DSC09865_convert_20170513065846.jpg

雪がくしそばの提供は、6月1日から戸隠の各店舗(今後の観光協会HPを参照)提供方法と提供店舗を確認の上で、戸隠へ食べに来て見て下さい
ちなみに、大久保の茶屋では、、各10食づつの提供を予定しています

冒険家・S

第37回 戸隠ナイターソフトボール開会式。(5月13日、その2)

昨夜 第37回 戸隠ナイターソフトボール開会式が行われました

DSC09884_convert_20170513064437.jpg

オープニングセレモニー始球式

DSC09883_convert_20170513064423.jpg

我が北部チーム 
今シーズン初戦は、来週の月曜日です

冒険家・S

ハリギリ天ぷらそば。(5月13日、その1)

昨日、朝に奥さんが病院へ行ったので、私が息子を途中まで送った帰りに

DSC09802_convert_20170513064915.jpg

林の中で、ハリギリ(イヌダラ)を発見

DSC09803_convert_20170513064937.jpg

採りました

DSC09804_convert_20170513065245.jpg

どうしても職業柄趣味で、必ず山菜キノコを探してしまう癖があります
近くに、コシアブラも生えていたので、生えている写真を採る前に採ってしましました

DSC09805_convert_20170513065329.jpg

お昼の賄いで、ハリギリ天ぷらそばをいただきました
独特の灰汁があるハリギリ天ぷら
個人的に天然タラの芽より、ハリギリの方が格段に美味しいと思います

DSC09853_convert_20170513064622.jpg

ハリギリも見つけると必ず採りますので、私が沢山採って来た時のみですけど 運が良ければお店で食べれますょ

冒険家・S

山菜の仕込みを保存処理。(5月12日、その3)

グルメワラビ

DSC09752_convert_20170510212408.jpg

灰汁抜きする為に、稲藁灰を使用

DSC09753_convert_20170510212434.jpg

グルメ界で捕獲して来た山ウドも葉を切り 葉と軸は、天ぷらに

DSC09754_convert_20170510212506.jpg

一晩置いた灰汁抜きグルメワラビ

DSC09790_convert_20170512023309.jpg

切ります
1つ1つの山菜を食べるまでの処理が非常に手間暇掛かります
しかし1番は極上山菜の入手が困難なのと大変なのを、知らない人は分かりません
ただただ 「山菜山菜と」言う人や 「山菜を採って持って来てくれ」 「欲しい」 「お金を払うから採って来てくれ」
どれだけ極上山菜を採るのに大変なのかが分かっていない人に、山菜を語る資格はありません。

DSC09791_convert_20170512022741.jpg

特に、このゼンマイ
スーパーなどでは、国産ゼンマイは 少量で、ビックリするくらいの値段で販売されています。(スーパーで、見掛けたら値段を見て下さい
消費者は高いと言うと思いますが

DSC09484_convert_20170506060551.jpg

生えている危険な場所のを採る人と、食べるまでの灰汁抜き処理の手間暇を考えれば
全然高くはないです
まだまだ安い方だと思います。 

DSC09485_convert_20170506060700.jpg

この時期になると、あちらこちらの山間地域イベントで「山菜祭り」たるものが開催されます
その山菜祭りで使用される山菜の入手仕入れ・・
危険とリスクを背負う、山菜 それを採る人がいるから お客様に提供出来ます
それを少しでも理解してもらいたいと思います

昨日、Fさんのお見舞いに上越中央病院へ 夕方から行って来ました
色々と話をしましたが
やはり重傷で、下半身不随になりそうな状況です。 
うちのお店の 山菜を頼んではいましたが その日は、畑・田んぼ仕事をし、時間があったからと昼前に自分達家用の山菜を採りに行き落ちたと聞きましたけど (うち用だと、早朝から行き、採って戸隠まで持って来てくれる)
たまたま、うち用じゃなくても(それも本当だかどうか・・)、大怪我は大怪我
私には「お前も気をつけろ 俺は、こうなる運命だったんだから 気にするな」言葉が出ませんでした
元気なFさんを昔から知っているので、痛々しい姿を見たのが余計に辛かったです
Fさんは、大怪我と手術の経過を見ながらリハビリし、車椅子生活だけは避けれるよう願っています
複雑な心境で、戸隠までの帰路を、奥さんと話しながら帰って来ました
皆さんも、この時期に 山菜採りをする方は、くれぐれも気をつけて、山に入って下さい

冒険家・S

2017年、山野草成長過程。(5月12日、その2)

超~~~希少種 
日々、面白いくらいに成長が見て分かります
まずは蕾がつくまでが楽しみです

DSC09768_convert_20170512022940.jpg

こちらも苦節5年
初めて 種蒔きした 行者ニンニクが芽吹きました
毎年毎年、頑張り 試行錯誤の末に芽吹き
めちゃ嬉しいです

DSC09771_convert_20170512022920.jpg

このヒョロっとした緑もやしが行者ニンニクの芽 1年生です
天然物は、2枚目のが生えるまでに、また数年です

DSC09773_convert_20170512023009.jpg

こちら希少種の芽

DSC09774_convert_20170512023024.jpg

クマガイソウの芽軍団

DSC09777_convert_20170512023153.jpg

今年も元気に芽吹き始めました
こちらも今後の成長が楽しみです

DSC09778_convert_20170512023256.jpg

シラネアオイもガンガンと開花を始めています

DSC09783_convert_20170512023426.jpg

ヤマシャクヤク蕾

DSC09786_convert_20170512023338.jpg

ヤマシャクヤクは、蕾から開花まで時間が掛ります

DSC09787_convert_20170512023443.jpg

トガクシショウマ(正式名トガクシソウ)
今が 1番の見頃です

DSC09788_convert_20170512023322.jpg

本日、お店に予約小団体さん達は、お店中庭のトガクシショウマシラネアオイに大興奮し
勝手に鍵を開け、窓を開き、素足で庭手前まで下りて、写真撮影に夢中でした
好きな人は山野草に目がないですからネ・・

冒険家・S

2017年、スモモ木開花。(5月12日、その1)

薄暗く曇っていますが

DSC09766_convert_20170512023233.jpg

例年に比べ遅れていた、お店前スモモ木が

DSC09765_convert_20170512023117.jpg

開花しました
綺麗です

DSC09763_convert_20170512023137.jpg

例年より10日遅れです

冒険家・S

長野市民新聞取材。

昨夜、馬場原連組への神楽取材がありました

DSC09761_convert_20170510212449.jpg

メインは、当然の如く小学生
少子高齢化と山間地域特有の限界集落。
その中でも、うちの馬場原連(諸沢組も入ってくれています)は、子供と色々な方々に助けてもらい協力し継続出来ています

DSC09762_convert_20170510212539.jpg

16日の長野市民新聞に掲載予定との事です。

冒険家・S

2017年、グルメ界10回目突入 山ウドの谷。(5月10日、その5)

昼過ぎまで仕事をして(当たり前)、グルメ界 山ウドの谷

DSC09710_convert_20170509223044.jpg

極上山ウド ガンガン生えています

DSC09708_convert_20170509220758.jpg

あまりにも危険な場所なので、生えている山ウドは、半端無い太さです

DSC09709_convert_20170509222918.jpg

滑り落ちたら 残雪の穴に、ホールインワン

DSC09711_convert_20170509222209.jpg

木の曲がり具合で、どれだけの斜面か分かります

DSC09712_convert_20170509220315.jpg

粘土質と言うか、ボロボロと崩れる踏ん張りに利かない足場
こう言う所に、山ウドは生えています

DSC09713_convert_20170509223827.jpg

ニリンソウ群生

DSC09714_convert_20170509224001.jpg

ここからグルメ界の中層場まで下ります

DSC09718_convert_20170509222325.jpg

ズーム

DSC09719_convert_20170509224553.jpg

最大ズーム
この場所へ距離にして、2キロ程下ります

DSC09720_convert_20170509222404.jpg

30分掛けて下って来ました

DSC09721_convert_20170509215629.jpg

捕獲目的はこれ
極上ワラビです

DSC09722_convert_20170509224658.jpg

コゴミ日影に生えるグルメワラビは、柔らかく スキー場に生える固い筋ばったワラビと格段にLVが違います

DSC09725_convert_20170509224124.jpg

絶妙な成長太さ
あまり大きくなり過ぎても固くなるので、これ位の大きさのワラビが最高に美味

DSC09727_convert_20170509222736.jpg

これを捕獲しに、道無き獣道を 2キロも下って来ました

DSC09729_convert_20170509215710.jpg

帰路上りに森の日影で、何気なく歩いていると「ミヤマイラクサ」を発見 捕獲

DSC09731_convert_20170509224746.jpg

下りは30分ですが 当然帰る上り時間は、1時間以上

DSC09732_convert_20170509224901.jpg

激重山菜が入ったリュックを背負い 上りに、アキレス腱が切れるのではないかとの斜面を上らないと帰れません
見通しの良い場所だと、ギリギリスマフォの電波がたまに受信出来るので、この様な場所でLINEのTIMEライン投稿や緊急連絡を取ったりします

DSC09734_convert_20170509224811.jpg

ちなみに、この休んでいる所は、前の記事で(4月15日ブログ)「ニホンカモシカ」が居た
この場所です。

DSC08784_convert_20170414222154.jpg

ハリギリも発見 捕獲

DSC09740_convert_20170509215822.jpg

実は、欲を出して、リュック2袋作戦。(1度捕獲して上ってました

DSC09743_convert_20170509224028.jpg

帰宅は お決まりの20時過ぎ
山ウド17㌔・極上ワラビ3㌔極太ゼンマイ3㌔山ウドだけ狙いなら40㌔は行けたな

DSC09744_convert_20170509224918.jpg

初の竹の子採りに行きたいですけど
この疲労度では、リスクがあるので、見送りします
無理をすると大怪我の元になりますから・・

冒険家・S

きちんと仕事もしています。(5月10日、その4)

イベントやグルメ界ばかり行っているのではなく、仕事もきちんとしています
そば打ち延し始め

DSC09676_convert_20170509222015.jpg

そば切り

DSC09678_convert_20170509223145.jpg

グルメ界ゼンマイの谷で捕獲した 大量の極太ゼンマイ干し

DSC09679_convert_20170509223432.jpg

冒険家・S

行者ニンニク醤油漬け。(5月10日、その3)

いただいた行者ニンニクを切り

DSC09687_convert_20170509221220.jpg

瓶に詰めます。

DSC09688_convert_20170509215735.jpg

醤油を入れ。

DSC09689_convert_20170509220520.jpg

蓋を締め。
熟成を待ちます

DSC09690_convert_20170509215848.jpg

焼き肉のタレに入れたり、炒飯の隠し味、全ての料理への万能調味料となります

冒険家・S

大山桜&山野草満開。(5月10日、その2)

家横の大山桜

DSC09682_convert_20170509223618.jpg

満開です

DSC09681_convert_20170509222607.jpg

桜って良いですネ

DSC09684_convert_20170509221338.jpg

超~~~希少種も元気です

DSC09685_convert_20170509222048.jpg

行者ニンニクの芽は、生えてきません

DSC09686_convert_20170509222125.jpg

お店裏庭の「サンカヨウ」開花

DSC09692_convert_20170509223712.jpg

ヤマシャクヤク蕾。

DSC09693_convert_20170509224251.jpg

トガクシソウ(トガクシショウマ)

DSC09701_convert_20170509215517.jpg

シラネアオイ開花

DSC09695_convert_20170509223458.jpg

希少種「クマガイソウ」新芽

DSC09703_convert_20170509222519.jpg

ボコボコ生えてきています

DSC09705_convert_20170509221439.jpg

今後の山野草成長が楽しみです

冒険家・S

いただきものシリーズ。(5月10日、その1)

手作りビール

DSC09651_convert_20170508212730.jpg

青キャップ=シードル(りんご)
白キャップ=フランボワーズ(すぐり)
フルーツビールシリーズ

DSC09650_convert_20170508213916.jpg

地元、新潟に乾杯

DSC09645_convert_20170508213049.jpg

静岡土産

DSC09652_convert_20170508214308.jpg

シナノゴールドジャム

DSC09674_convert_20170509221309.jpg

美味しいパンもいただきました

DSC09675_convert_20170509221734.jpg

この時期は、色々頂き物があり 
ありがたいです

冒険家・S

山菜処理。(5月9日、その3)

グルメ界ゼンマイの谷で捕獲した山菜を処理しました
ゼンマイ・山ウド・オオバギボシ・シオデ・アマドコロ

DSC09654_convert_20170508214004.jpg

グルメ界産極太ゼンマイは、この太さ

DSC09662_convert_20170508214755.jpg

綿を全て取り除き

DSC09665_convert_20170508212757.jpg

40ℓ桶満杯です。
ここに灰汁抜き熱湯を入れ、一晩置き干します

DSC09666_convert_20170508214526.jpg

シオデ・アマドコロを茹で

DSC09663_convert_20170508214241.jpg

おひたしでいただきました
同じ茎に見えますけど、微妙に味が違います

DSC09664_convert_20170508213726.jpg

行者ニンニクもいただいたので行者ニンニク醤油漬けにしよう

DSC09656_convert_20170508213510.jpg

グルメ界で、捕獲した天然タラの芽を天ぷらにした「天然タラの芽天ぷらそば(冷)」
昨日の賄いで、皆でいただきました

DSC09670_convert_20170509065829.jpg

一般の皆さんは、「タラの芽が食べたい」と言いますが
ホクホクしていますが めちゃくちゃ美味いと言う山菜ではないと思います
コゴミ山ウドの天ぷらが1番美味いと、私は思いますけど・・

冒険家・S

新緑へ。(5月9日、その2)

お店前のスモモ木

DSC09647_convert_20170508213550.jpg

葉と蕾が膨らみ始めました。
例年だとGW中に、花が満開なのですけど 今年は遅れています。

DSC09648_convert_20170508213806.jpg

お店駐車場入口の桜も満開見頃です

DSC09646_convert_20170508213441.jpg

駐車場中庭残雪も完全に融けて、ショウジョウバカマも群生で開花

DSC09552_convert_20170506060441.jpg

池の大掃除

DSC09571_convert_20170507214528.jpg

始めました

DSC09572_convert_20170507211934.jpg

店内で 冬越え飼育していた金魚 池に放します。

DSC09649_convert_20170508213633.jpg

超~~~希少種の新芽も霜にやられず育っています

DSC09653_convert_20170508214452.jpg

GW中に、お客さんがぶつけて、壊して逃げたのだろうな
一言言ってくのが常識なのですけどネ

DSC09487_convert_20170506060949.jpg

バードラインのカラマツ新芽が 深い緑色景色を変えています。

冒険家・S

雪掛け。(5月9日、その1)

雪がくしそばを埋めている所のブルーシートが見え始めたので、除雪機で雪を飛ばしました
息子に、雪を飛ばして、ふざけていたら・・

DSC09436_convert_20170504224949.jpg

干していた極太ゼンマイに雪が掛かって最悪
やっちまいました

DSC09437_convert_20170504225423.jpg

雪を掛けましたが

DSC09438_convert_20170504225757.jpg

かなりのスピードで、雪融けが進んでいるので、今週か来週に掘り出しになります

冒険家・S

2017年、グルメ界9回目突入 ゼンマイの谷。

GW最終日、午後の仕事が落ち着いた時間からグルメ界へ
そして、いつもと違う場所へ

DSC09578_convert_20170507214819.jpg

グルメ界ゼンマイの谷へ

DSC09583_convert_20170507212752.jpg

生えてる生えてる

DSC09585_convert_20170507213239.jpg

いつもの年より、1週間遅いゼンマイの谷への侵入
枝木の生い茂りが激しかったです

DSC09587_convert_20170507211052.jpg

谷には、極上ゼンマイが生えまくっています

DSC09593_convert_20170507212420.jpg

オオバギボウシ捕獲

DSC09602_convert_20170507212514.jpg

まだ残雪が、所々残っています

DSC09607_convert_20170507214906.jpg

極太ゼンマイが生え放題

DSC09610_convert_20170507215045.jpg

この極太さ

DSC09612_convert_20170507215122.jpg

シオデ

DSC09613_convert_20170507215841.jpg

夕日に照る山ウド

DSC09619_convert_20170507213720.jpg

極太ゼンマイ山ウドは、この様な足場が滑る急斜面に生えています

DSC09617_convert_20170507215620.jpg

天然イワカガミ

DSC09622_convert_20170507214120.jpg

群生で生えています

DSC09627_convert_20170507213056.jpg

帰りは、歩きにくい ツルと藪や木々の中を通らなければ帰れません

DSC09629_convert_20170507213820.jpg

そこで、この道具
ガンガンと木枝とツルを切り落とし

DSC09630_convert_20170507211313.jpg

獣道を整備
数年事に、道を作ります

DSC09633_convert_20170507212154.jpg

おお~~天然巨大タラの木

DSC09576_convert_20170507214741.jpg

丁度良い大きさです
勿論捕獲

DSC09575_convert_20170507214019.jpg

いつもは、この写真の、ど真ん中の底まで、約1㌔以上下りた場所で極太コゴミを捕獲しています

DSC09631_convert_20170507214320.jpg

夕日が、めちゃ綺麗でした

DSC09632_convert_20170507213910.jpg

天然タラの芽を、意外や見つけました

DSC09635_convert_20170507212606.jpg

勿体なくて、お客さんに出せない
今夜の晩酌 肴だな

DSC09636_convert_20170507211442.jpg

時間が無い割に、極太ゼンマイオオバギボウシ・山ウド・シオデと、計13㌔
まずまずの捕獲量

DSC09638_convert_20170507211414.jpg

山菜を捕獲しながら、滑落し 大怪我したFさんの事が頭から離れませんでした
心配です

冒険家・S

山菜採りでの大事故。

私達がグルメ界と(週刊ジャンプの漫画トリコより)言っているのは、携帯の電波が無い山奥の山奥で、人が寄りつかない獣の住処・危険な岸壁
まだ、これ位の崖なら落ちても多分大丈夫なのですけど(過去に何度か滑り落ちたけど、捻挫だけで済む)

DSC16791_convert_20170507061950.jpg

滑り落ちれば大怪我をするし、携帯電波が無い所なので、仮に怪我をすると探し見つけてもらうしか方法がありません。

DSC16792_convert_20170507062025.jpg

しかしこの様な岸壁には、極上ゼンマイ

DSC16790_convert_20170507063833.jpg

極上の山ウドが生えています

DSC16793_convert_20170507062056.jpg

これは滑り落ちたらOUT
少し下に写っているのは、山ウドです

DSC16619_convert_20170507062513.jpg

そして、この様な場所は粘土質で、滑るし足場を確保するのに踏ん張って、滑り落ちない様にしながら山ウドやゼンマイを採っていて、大怪我や命の心配をしながらの山菜採りなのです
本来なら命綱をつけたり、装備を万全にしての山菜採りですけど 「大丈夫」が1番危なく

DSC16624_convert_20170507062542.jpg

そして事故は起きました・・
5月5日の子供の日に、私の実家父の知り合いが うちの山菜を採りに行き、滑落 
帰りの遅い事を心配した奥さんが見に行き発見し ドクターヘリで搬送され 頭蓋骨が剥き出る大怪我と下半身不随になるかもの大怪我大手術をし 現在ICU集中治療を受けています
現在面会謝絶で、お見舞いも行けませんし、会っても何を話せば良いか分かりません。
年齢も60歳位なので、年齢的な衰えもある中、「大丈夫」との過信が招いた事故でしょう。
私も、もっと危険なヶ所での、山菜採りをしているので、改めて気をつける様にしますが
今は、大怪我で治療中 Fさんの容体を心配する事しか出来ません。

冒険家・S

2017年、古宮神社春祭り。

昨日の子供の日
お店は混み混みの中、時間ギリギリまで仕事をし、まだ20組ほど並んでいて、人足不足でしたが
獅子神楽舞い奉納の為に、抜け出し古宮神社へ・・

DSC09490_convert_20170506055525.jpg

息子は、朝から飲み仲間Hさん宅に預けていました。

DSC09493_convert_20170506055715.jpg

4地区から神楽の奉納。

DSC09495_convert_20170506055803.jpg

馬場・原連。

DSC09498_convert_20170506055911.jpg

私が舞っている四反(よたん)舞い。

DSC09499_convert_20170506060244.jpg

五平舞い。
練習不足と、これだけの肉体重さで舞うのは初めてでしょうか・・
辛かったです (もぅ引退だな)

DSC09510_convert_20170506060335.jpg

4つの神楽を奉納。

DSC09540_convert_20170506060409.jpg

懇親会の写真は撮り忘れましたが
子供達の賑わいの中、楽しいお酒が飲めました
子供達にとって、この様な田舎行事は大切です

そして、夜に実家から大変なTELが・・・・

冒険家・S

2017年、グルメ界8回目突入 夜version。

GWで、1番忙しかった4日 
鬼の様な超~忙しさ
そして、旬の山菜天ぷらと山菜料理がこちらも鬼の様に出て、生山菜切れそうになったので (かなりの量を用意していたのに・・)
夕方から日が沈む中 急遽 グルメ界へ

DSC09439_convert_20170504225554.jpg

夕日に照る、グルメ極太ゼンマイ

DSC09441_convert_20170504225309.jpg

こ奴らもガンガンと捕獲

DSC09442_convert_20170504225516.jpg

天然タラの芽捕獲

DSC09446_convert_20170504225232.jpg

今シーズンのSランクコゴミ捕獲は、この日が最後

DSC09448_convert_20170504225159.jpg

山ウドも見れば捕獲を忘れずに

DSC09449_convert_20170504225711.jpg

夜勤の要

DSC09452_convert_20170504230156.jpg

日が沈みます

DSC09453_convert_20170504230105.jpg

漆黒へ・・

DSC09456_convert_20170504225027.jpg

ここからは夜勤残業

DSC09459_convert_20170504225623.jpg

真っ暗闇です

DSC09461_convert_20170504230225.jpg

月が綺麗でした

DSC09462_convert_20170504230307.jpg

ヘッドライトを頼りに、ラスト極太コゴミを捕獲

DSC09466_convert_20170504230407.jpg

適度に捕獲後

DSC09467_convert_20170504230517.jpg

漆黒の闇のグルメ界を脱出

DSC09475_convert_20170504230911.jpg

慌てて出て来たので、爆竹とロケット花火を忘れ大ピンチ
獣の気配を感じつつ・・
Kトラまで、1時間掛けて上り切り
上越の街並みが綺麗でした

DSC09476_convert_20170504231026.jpg

無事に、Kトラへ

DSC09481_convert_20170504230632.jpg

極太コゴミ11㌔・山ウドゼンマイ3キロ
今シーズンのまとまったコゴミは、ラスト
7日までは、楽勝で生コゴミの天ぷら出せます

DSC09483_convert_20170504225132.jpg

夜の北部チームのソフトボール総会に出れず・・ 申し訳ないです

これからゼンマイの仕込みをします

冒険家・S

玄そば挽き。

地元戸隠産。

DSC08996_convert_20170421072443.jpg

2016年秋

DSC08997_convert_20170421072419.jpg

玄そばです。

DSC08999_convert_20170421072344.jpg

石臼で手挽きします

DSC09001_convert_20170421072155.jpg

何回か挽き

DSC09000_convert_20170421072317.jpg


数種類のふるいに掛けて、ようやく玄そば粉になります

DSC09002_convert_20170421072118.jpg

玄そばは、最高の美味さですけど
非常に手間暇掛かっています

冒険家・S

2017年、山野草開花。(5月3日、その3)

お店裏庭の「ショウジョウバカマ(薄紫)」が見頃です

DSC09381_convert_20170503015023.jpg

シラネアオイも芽吹き

DSC09389_convert_20170503015348.jpg

をつけています。

DSC09384_convert_20170503015249.jpg

いつの間にやら「トガクシソウ(トガクシショウマ)」

DSC09398_convert_20170503021029.jpg

開花していました

DSC09401_convert_20170503020921.jpg

「コバイモ」も開花

DSC09414_convert_20170503015213.jpg

こちらもいつの間にやら、「ヤマシャクヤク」にも蕾が

DSC09425_convert_20170503020513.jpg

行者ニンニクも大きな葉を広げています

DSC09403_convert_20170503020837.jpg

家裏の行者ニンニクも芽が生えてきました
雪融けが遅かったので、ようやくの芽吹きです
ガンガンと肥料を蒔いているので、年々増えています
裏庭は、最終的に、行者ニンニク畑にします

DSC09408_convert_20170503020442.jpg

さてこちらは、昨年秋に土壌改良した山野草畑。
まだ例の物は、芽吹きを確認出来ませんでしたが

DSC09411_convert_20170503020317.jpg

株芽根分けし、鉢植えに移し替え 落ち葉の布団に寝かせていた「超~~~希少種」

DSC09409_convert_20170503015725.jpg

芽吹いていました
めっちゃ嬉しいんですけど

DSC09410_convert_20170503020152.jpg

朝陽が照り、風通しが良く、西日が照らないヶ所に移動させ、一応の保護保険とし、霜が降りた事を想定 芽を守る為に落ち葉を掛けて 霜対策を行いました
後は順調に芽が育つ事を祈るのみ

冒険家・S

2017年、春の終わりを告げる「旬」の食。(5月3日、その2)

グルメ界で捕獲した山菜を天ぷらにした「山菜天ぷら(冷)」
贅沢に賄い食で食べました
山ウド・極太コゴミ・コシアブラ・天然タラの芽ふきのとうと めちゃめちゃ贅沢な賄い
激美味です
これが食べられるので、山菜採りは止められない

DSC09395_convert_20170503020706.jpg

限定生産「信州に乾杯」
いただきました

DSC08692_convert_20170414081427.jpg

この時期は、色々と人からいただき物と差し入れがあります

DSC09339_convert_20170430225454.jpg

こちらも限定ビールセット
妙高地元同級生からいただきました

DSC09338_convert_20170430225803.jpg

ハートランド30周年記念ビール こちらもいただき物
ハートランドビールはフランスでかなり飲んだので、懐かしかったです

DSC09234_convert_20170426210921.jpg

GW中に、スタミナ食とし、長野住吉の「うなぎ弁当」

DSC09342_convert_20170430222231.jpg

今月中旬に捕獲出来るので、昨年度の在庫処分とし「根曲がり竹の子瓶詰めを使った、竹の子汁」

DSC09094_convert_20170424204100.jpg

新潟名物。

DSC09343_convert_20170501211039.jpg

笹団子

DSC09344_convert_20170501212806.jpg

妙高学生時代の担任恩師から届きました
こちらも毎年恒例です。

DSC09345_convert_20170501212844.jpg

グルメ界さんワラビの灰汁抜きをし

DSC09391_convert_20170503020231.jpg

切り

DSC09392_convert_20170503020408.jpg

2017年、新物ワラビのおひたし
のり(ぬめり)が乗っていて美味いです

DSC09393_convert_20170503020614.jpg

「旬」の美味さを、ここに堪能
田舎・山間地域特有の美味しさを味わえる生活って、本当に幸せです

冒険家・S

新緑への芽咲き。(5月3日、その1)

カラマツの芽咲きが始まりました
薄ら黄緑色が、目で見て分かる様になってきました。
これが春の終わりを告げます。

DSC09427_convert_20170503020002.jpg

日中は、蟻も活動を始め。

DSC09069_convert_20170424070147.jpg

今シーズンも大量のグルメ界産極太コゴミを塩漬けしました。
来シーズンまでは、楽勝で保存出来ますし、塩出しをし、年中食べれます
まだまだ、生コゴミを食べれますので、御来店お待ちしております

DSC09348_convert_20170501211005.jpg

今日から恐怖のGW後半突入です

冒険家・S

2017年、グルメ界7回目突入。

GW中の平日、寒気の影響で、冷え込み グルメ界は大荒れ 肌寒い中でしたが そば打ち後に 強行2日続けてのグルメ界

DSC09349_convert_20170501213011.jpg

今回のグルメ食材捕獲が GW中のメインなるでしょう
いつもと違う沢に下りました

DSC09350_convert_20170501212317.jpg

コゴミ、大きく育ち ホケ始めています

DSC09351_convert_20170501211113.jpg

たまに大きく激鬼太いゼンマイを見つけました

DSC09352_convert_20170501212400.jpg

ワラビも、今回大量に生えているのを発見

DSC09356_convert_20170501212441.jpg

ワラビは、1.5㌔初捕獲

DSC09355_convert_20170501212533.jpg

天然のイカリソウ(白)

DSC09359_convert_20170501212915.jpg

天然タラの芽

DSC09363_convert_20170501213053.jpg

小さく可哀想LVでしたけど
捕獲

DSC09365_convert_20170501213150.jpg

Kトラに辿り着き、少し天然タラの芽探し歩きまわってたら「コシアブラ」を発見

DSC09371_convert_20170501213344.jpg

意外と天然タラの芽を発見出来て

DSC09367_convert_20170501213230.jpg

ふきのとうコシアブラ天然タラの芽を捕獲

DSC09375_convert_20170501213440.jpg

グルメ界に到着した地点での燃料残
無事に戸隠に帰って来れましたが 帰路中 ガス欠にならないかドキドキでした
戸隠に着時は、当然1目盛り 燃料には注意が必要です

DSC09376_convert_20170501213408.jpg

戸隠に20時前に到着
極太コゴミ16㌔(今回がまとまって大量捕獲が最後)・極鬼太いゼンマイ5㌔・極上山ウド5㌔・グルメワラビ1・5㌔

DSC09378_convert_20170501213511.jpg

贅沢に、一昨日捕獲したグルメ食材を、山菜を天ぷらに
数本しか食べれませんでした
天ぷらは沢山食べれるもんではないです

DSC09379_convert_20170501210750.jpg

お店で、2~6日間までの天然生山菜を提供する分だけは楽勝で大量準備出来ました
2~6日に来店で、山菜天ぷらを食べられる方はLUCKYですょ
いつ食べるの 「今でしょ

次回のグルメ界への食材捕獲は6日の夕方になります
次が 生コゴミ捕獲最後になるかな・・

冒険家・S

2017年、グルメ界6回目突入。(5月1日、その3)

GW中の人出不足の中 グルメ界の山菜達は、ピークを迎えているので 昼過ぎの忙しい最中
いつも嫌がる(疲れるし大変だから)相方を連れて、年に1度のコンビでグルメ界へ

DSC09309_convert_20170430223806.jpg

相方Tには、極太コゴミを捕獲させている間に、私は、数日前から目星をつけていた「グルメ界産極太ゼンマイ」を捕獲に、1人で別行動

DSC09310_convert_20170430222751.jpg

この極太激太さ さすがはグルメ界 人間界のゴミ細ゼンマイとLVが違います

DSC09311_convert_20170430223622.jpg

生えている事×3

DSC09312_convert_20170430223852.jpg

鬼の様に極太ゼンマイを捕獲しまくり
末端価格で、2~3万円分は軽く捕獲したな

DSC09313_convert_20170430224319.jpg

夕日が照る中、極上コゴミを後回し。

DSC09314_convert_20170430223223.jpg

下から上まで、コゴミ畑
この様な個所が 20面程あります。

DSC09316_convert_20170430223016.jpg

私は、ひたすらゼンマイ狙い。

DSC09317_convert_20170430222516.jpg

沢を探しまくり、片っ端から捕獲

DSC09318_convert_20170430222123.jpg

この斜面の上に・・

DSC09319_convert_20170430224358.jpg

ズーム・・

DSC09320_convert_20170430224027.jpg

最大ズーム
相方です

DSC09321_convert_20170430224628.jpg

ゼンマイ捕獲から合流しました。
ズームした写真を撮ったのは、向こう側の杉の木から(途中に大きな沢があり

DSC09322_convert_20170430224847.jpg

その後に、一緒にコゴミ捕獲
私は、Sランクコゴミしか捕獲しませんでした
このサイズがゴロゴロと生えています

DSC09323_convert_20170430225017.jpg

山ウドも見掛ければ捕獲

DSC09324_convert_20170430224935.jpg

山ウドは、もっと捕獲したかったのですけど 時間切れ

DSC09325_convert_20170430225336.jpg

帰り道 乳酸が溜まり足はパンパンになるので、休み休みKトラを目指し上ります

DSC09328_convert_20170430225415.jpg

日が暮れ始めました (左に見える山は、妙高山

DSC09329_convert_20170430225250.jpg

今回は相方が同伴なので、急斜面の上っている感じが分かります

DSC09330_convert_20170430225616.jpg

普通に上るのは楽ですけど
20㌔以上の山菜を背負っております

DSC09333_convert_20170430225712.jpg

時間的に、真っ暗ギリギリの19時、無事Kトラへ到着

DSC09334_convert_20170430225152.jpg

戸隠着は20時過ぎ
GW中に、行う行動ではないな・・・・・・

DSC09335_convert_20170430225116.jpg

2人で合わせて、激太コゴミ30㌔以上
グルメ界産激鬼太ゼンマイ7㌔ 山ウド3㌔の捕獲量

DSC09336_convert_20170430225219.jpg

息子よ 私も揉んでくれ 

私に冷たい息子なので揉んでもらえず

DSC09340_convert_20170430225912.jpg

とにかく疲れました

冒険家・S

新鮮な生山菜食材。(5月1日、その2)

山菜天ぷら食材達極太コゴミ山ウド山ウドの葉ふきのとうワラビコシアブラ全て、今年の天然生山菜です
やはり「旬」最強の山菜天ぷらの注文がほとんどです
山にまで来て、海老天なんて邪道です・・
日本全国 何処でも食べれる野菜と海外輸入の海老・・
やはりこの時期は、山菜 1度食べると病みつきになります

DSC09306_convert_20170430223318.jpg

一昨日に、息子が実家爺と採った、初物竹の子

DSC09303_convert_20170430084009.jpg

焼竹の子で、1本のみ根元を(先の柔らかいヶ所は、息子が食べ固い所は私に・・)、いただきました

DSC09304_convert_20170430084035.jpg

グルメ界産の今シーズン初竹の子

DSC09307_convert_20170430223146.jpg

初捕獲

DSC09308_convert_20170430223454.jpg

GWが終わる頃には、順に竹の子シーズン突入です

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR