fc2ブログ

結婚式、余興。

昨日、長野市犀北館で行われた妙高の先輩の結婚式
余興を頼まれていたので頑張って来ました
内容は「なんちゃって操法」です ポンプ役は私です。

DSC04205_convert_20130629183621.jpg

準備や小道具などを上手く作って披露したのと 監督・脚本・音楽・映像と私が行い・・
十分な練習が出来なかったわりには上手く出来ました。
反応は大好評・大拍手でした 

本日は予約180人と言う状態でして大忙しです
ですので、昨日は式が終わり次第、本日に備えて速帰宅し18:30には寝て、起きたら4時過ぎでした

冒険家・S 
スポンサーサイト



ユキザサ。

これは竹の子採りに行った時に、たまたま見つけた 黒姫山の細いユキザサの花です

DSC04607_convert_20130613174822.jpg

そして先々週に行った時の超~~~グルメ界のユキザサの芽です
1年に1度、行者ニンニクと一緒に捕獲しに行きます

DSC04663_convert_20130617160826.jpg

今年は6月が暖かかったので、行ってみてビックリ 急激に伸びていて大きくなり過ぎていて採れなかったですけど、付近を探索したら、残雪の隙間に少しだけ良い大きさのを、これだけギリギリで捕獲出来ました

DSC04690_convert_20130622184921.jpg

茹でて下処理

DSC04691_convert_20130622185210.jpg

ユキザサの「おひたし」です
味は超~1級品 天然行者ニンニクと並んで最強の食材と味です

また来年も捕獲しに行くぞ

DSC04692_convert_20130622185333.jpg

今日は長野犀北館にて妙高の先輩の結婚式です
そして余興を頼まれ、準備の為に妙高に通いあっちの消防団の仲間と5日間で仕上げ 明日はいを込めて、お披露目です
昨夜に、リハーサルもして準備万端です 頑張って披露とって来ます

冒険家・S

今シーズン、最後の山菜採り。

来客用のワラビを採りに、今シーズン最後として行って来ました

採りに行ってみると、ワラビの次男・三男達が生えています。

DSC04717_convert_20130627120130.jpg

初夏に入りつつあるグルメ界は、超~草のジャングルとなっていて、道を覚えていないと迷子になってしまう程にツルや草が伸びまくっていて危険です

DSC04716_convert_20130627120041.jpg

自分で自分を撮影しました
蚊やブヨが半端無い数で攻めて来るので、完全装備です

DSC04720_convert_20130627120231.jpg

かなりの数を見かけたのですけど
暑さでワラビが溶けていました 5本に1本は、こんな感じです。

DSC04722_convert_20130627120327.jpg

前回来た時に熊の傷跡が付いていた木です。
爪と爪の間の間隔から想定すると、かなりの大物ですな

DSC04723_convert_20130627120420.jpg

未だに熊は生で見てませんし遭遇していません
強運の持ち主です

DSC04724_convert_20130627120505.jpg

やはり時期が時期ですから、粘って探しまくりましたが 2㌔しか捕獲出来ませんでした
山菜にも「旬」がありますからネ
まぁ~頑張った方です。

DSC04726_convert_20130627121459.jpg

比較の為に、左が日光に当たっていたワラビで、右側が草やコゴミの葉の下で日影に生えていたワラビを分けて、稲藁灰で灰汁抜きをしました。
日当に生えていたワラビは、灰汁が強くて食べれませんでした
日影のワラビは多少の灰汁はありますが この時期のワラビとしては最高の美味さです

そして昨晩、2週間ぶりに戸隠ナイターソフトボールの試合が行われ
強豪中社チームに6-5の接戦で勝ち 大金星をあげました 
我が北部のユニフォームが新調され、昨晩が初お披露目で、お披露目試合での、ご利益があったのかもしれません

冒険家・S

笹ヶ峰牧場。

 モウモウさん達が沢山ご飯(牧草)を食べています。
これからの真夏には涼しい、笹ヶ峰牧場 どうでしょうか

DSC04683_convert_20130617163653.jpg

土日に奥さん親友が名古屋から帰省する為
今朝方 今シーズン最後の山菜採りに行って来ます

冒険家・S

ゲンジボタル。

昨夜、妙高で余興準備の時に「ゲンジボタルが飛んで来たので捕まえて撮影しました
2匹飛んでいて、蛍光色で光る光は綺麗で癒されます 初夏ですネ~

DSC04706_convert_20130625230905.jpg

当然、撮影後に直ぐに逃がしてあげました
まだまだ自然が残っていて嬉しくなります

冒険家・S

結婚式、余興の準備。

ようやく操法大会が終わり本来なら一段落なのですが 私の場合は、そうはいきません
今週土曜日に行われる結婚式余興を頼まれているからです
今は長野市戸隠での消防団に所属していますが 数年前までは妙高の消防団員でした。
昨日、月曜日から連続で妙高に行き、妙高で所属していた消防団の仲間と余興の準備に追われています
今週は、ほぼ毎日余興の準備です

DSC04703_convert_20130625223615.jpg

妙高でも消防団員の話や火祭りの話で出ましたけど 何処も少子化や居ても出て来ない若者が増えていて・・
大問題になっているそうです。 悲しい話です
田舎で生活しているのに、見つからないように、こっそり生活し隠れる生活ですって・・ 惨めで寂しい事ですネ
かと思えば 私みたいに出れば出るだけ都合の良いように役を押し付けられるのも異常です
出れば出て来るからと押し付けられると、嫌になり辞めると言う事にもつながります
少子化もそうです なんせ独身が多過ぎます。 独身が多いから子供が産まれない=過疎化。
そこに加えて若者は都会に憧れ田舎を出て行き帰って来ない・・
数十年後の日本崩壊は確定です。
親の教育が悪いのでしょうし、地元に住んでる親自体が地域の行事に出て来ない この便利な世の中の仕組みも悪いのでしょう。
田舎に暮らしているのに、子供が消防団や地域の行事や役柄に参加する事に、親が反対している馬鹿親もいるくらいですから

頑張っている親子さんも沢山居ます そう言う仲間と飲んでは「変だなぁ~ せっかく素晴らしい田舎なのに何でなんだろう」と話しています。
私はうちのチビには、それだけは絶対にさせません
狭い隣近所の田舎だからこその良さが分かる教育をさせます。

本当に悲しい世の中で寂しいです

冒険家・S

第55回長野市消防操法大会。

昨日、長野市消防学校で操法大会が行われました。
私の所属する戸隠第3分団が出場しました。
GW明けから約1ヵ月半に及び練習しました
私は1番員でしたが 第2ホースが延長時に絡まり大ミス それだけが悔やまれます
後は練習通りに上手く行ったのですけど結果は11位・・ 順位は残念ながら後ろから数えた方が早かったです
練習通りに行かないのが本番、そして本番での想定外のアクシデント 難しいですネ

DSC04165_convert_20130624223850.jpg

順位はともあれ、誰1人と怪我をせず 第3分団としてのまとまりが出来たのが1番良かったと思います

そして今週の土曜日に先輩の結婚式があり、余興を頼まれていて 本日から妙高に行き後輩達と準備を始めました
余興の内容は、なんちゃって操法 また操法です
先輩の大切な結婚式 頑張って余興を成功させます

冒険家・S

年に数回。

が続いたり、大雨の日に限定で飯縄山に降った雨がまとまり、店の裏山に小川が流れます。
落ち葉や木の枝が一気に流れて来るので、排水溝に詰まり掃除するのが大変です

DSC04687_convert_20130622185052.jpg

本日23日 消防の操法大会が長野消防学校で行われます。
GW明けから約週3回で練習し約2ヵ月 今日が本番です。
私は1番員 この日に備え3月から鍛えたり体重を絞り、8キロ減で出場ですが 想定より、もぅ5キロ落とせなかったのが悔いが残ります 若い頃に比べ落ちが悪いです 歳ですネ・・
今日は一発勝負 規律をしっかりこなし原点を抑え、練習通りに頑張って来ます

前半戦最後のG1宝塚記念
フェノーメノ・ジェンティルドンナ・トーセンラーでグランプリレースを締めたいと思います

冒険家・S
 

天然行者ニンニク料理。

危険を冒し超~苦労して、ごっそり捕獲してきた「天然行者ニンニクを調理しました

DSC04693_convert_20130622185453.jpg

天然行者ニンニクナムル 激美味です
当然ですけど 栽培物と味が天と地の差です
甘みが半端無い美味さで、これを味わう為だけに毎年の超~大冒険をするのです

DSC04699_convert_20130622185620.jpg

1年を通して食べれる様に、火を通し真空をかけて空気を抜き冷凍して、ここぞの時に解凍し食べれる様に保存してあります

冒険家・S

トガクシショウマの苗。

昨年に鉢から土に地下植え替えをした「トガクシショウマ」の苗
今年、無事に芽が出て大きく育っています このまま順調に育てば、数年後には花が開花するでしょう。
アツモリソウに比べれば増やすのは簡単です。

DSC04407_convert_20130530142711.jpg

今夜の練習で消防操法大会の練習も最後です。(上の大会に進まなければ
約2か月間、長いようで短い練習期間でした。

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
四季折々、田舎暮らし、旬の各種山菜・きのこ、ジャンルを問わず、日々、冒険の記録。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR