FC2ブログ

危険。

こんな雪の中をバイクで走っているのを目撃しました
四輪でも滑るのに無謀にも二輪です
ノロノロと、おっかなびっくり運転していて、いつ滑り転ぶか分からなく追い抜くのも怖かったです
仮に転倒し転んだ所を引いてしまったら、四輪車の方が悪くなる・・
迷惑な雪道二輪車運転です

DSC02596_convert_20130127025736.jpg

冒険家・S

長野ホテル犀北館。

昨日の怒りブログは、怒り心頭過ぎて少々反省・・

4日の夜は、結婚式を挙げた、犀北館で毎年恒例の結婚記念日宿泊をしました

DSC01045_convert_20130205234542.jpg

晩御飯は、1階の中華料理 寒山拾得にて食事
写真 は、五目炒飯。
沢山の美味しい中華に感動  美味いの一言しか出ませんでした

DSC01035_convert_20130205234059.jpg

大仕事除雪の後でしたので、ビールが美味いこと
疲労のせいで、アルコールが回る回る

DSC01039_convert_20130205234247.jpg

お腹一杯に食べたのに欲張り、テイクアウトで買い込みしてしまいました

DSC01042_convert_20130205234402.jpg

昨日、北長野駅からチビを電車に乗せるのに1区間ですけど、長野駅まで電車に乗りました。
僅か8分程でしたけど、チビは大喜びしていました
私は、久々に電車に乗り懐かしかったです。

DSC01047_convert_20130205234746.jpg

4日の茅葺屋根雪下ろしは色々ありましたけど
良い経験をさせてもらったと前向きに考えます

冒険家・S

茅葺屋根の雪下ろし。(怒)

昨日、戸隠民俗館の茅葺屋根雪下ろしに行かされました。

業者さんに依頼してあったのですけど、雨での悪天候と暖かな日が続き足場が緩み落下などの危険が伴う為に業者さんが日を改めてと連絡があったにも関わらず
1人の馬鹿親父が言う事を聞かず(金の為)1人で下ろし始めた為
そばを打ち終えた私が急遽手伝いに行くはめになりました。

DSC00913_convert_20130205024658.jpg

お店の茅葺屋根の雪下ろしは、何度か下ろした時はありましたが
戸隠民俗館の茅葺屋根の高さ広さは桁違い
屋根グシの頂上はビル4階建て以上の高さ

DSC02660_convert_20130205024157.jpg

落ちたら間違いなく大怪我です
洒落にならない高さで、下ろす面積も半端無い
(写真に写っているのが、事務所)

DSC02662_convert_20130205024235.jpg

急斜面の足場が安定しない中、黙々と雪下ろし
内心は怒り心頭と、雪下ろしの疲れでダルダル

DSC02668_convert_20130205024311.jpg

茅葺屋根の雪下ろしを、何とか無事に終え。

DSC02671_convert_20130205024346.jpg

改めて見上げると、とんでもない仕事だったと更に怒りが湧いてきました

写真 には撮ってませんが、この後に私1人で事務所の大屋根をもう1か所下ろしたのですけど
またこっも大変で超~大苦戦 (近い内に写真載せます)
茅葺屋根の雪下ろしで体力を使いきっていたので疲労はMAX
 ここ最近の雪下ろしの中では断トツに疲れたを越しましたネ

DSC02670_convert_20130205024329.jpg

戸隠民俗館茅葺屋根雪下ろしは、毎年業者さん大人数で下ろすのを、年配の無謀な馬鹿親父と私の2人でですょ普通に考えたらあり得ません
1番は落下の危険性があり、怪我や命に関わる仕事を、悪天候と足場の悪い中の雪下ろしと言うのが許せなかったです

無謀な馬鹿親父にもそうですが
うちの社長も頭が逝かれています
最悪な悪条件の中を、こんな超大仕事をさせて、事故や怪我が起きなかったから良かったものの、社長と言う立場なのだから、断固作業させなければ良いだけなのに、無謀親父に言い押されて、やらせた為に、私まで出る羽目になるし
作業終了後に、この2人にマジ切れしてしまいました
除雪と雪を舐めるな

社長は何もしないし、やらないし、出来ないのに言う事だけは言うし。
人の気持ちを理解出来ないワンマンだと、改めて思い知らされガッカリの言う事すら哀れで言葉が出ないですわ (自分の親父だったらぶん殴ってます

無謀親父も大怪我をしないと分からない頑固無謀親父ですし、1度落ちた方が良いと思ってしまう位に飽きれました

頭に来る1日と仕事でした 本当に最悪
この記事を書いていると怒りが再度こみ上げてきます

所詮、雪下ろしや冬期除雪作業の怖さを知らない奴等に言っても無駄なんですけどネ・・

冒険家・S

超~~~地獄殺し。

この時期に作る、冒険家・S特製麻薬地獄料理
「超~~~激辛を越えた地獄の野沢菜油炒め」

塩漬けした野沢菜を、みじん切りにします

DSC00896_convert_20130201212453.jpg

切るだけ切ります。

DSC00899_convert_20130201212606.jpg

ここで「ハラペーニョ」激辛食材です。
これも、みじん切りにします (秋に採れた物を、この時の為だけに、冷凍温存しておきました

DSC00900_convert_20130201212710.jpg

激辛スパイス
バードアイと超鬼殺し

DSC00903_convert_20130201212816.jpg

こいつらを、ぶち込みます

DSC00904_convert_20130201212912.jpg

塩抜きをした、野沢菜みじん切りに、各種スパイスを入れて、更に隠し調味料を入れ油で炒めます

DSC00905_convert_20130201213157.jpg

冷めたら完成

DSC02652_convert_20130202154356.jpg

冒険家・S特製、食べたら地獄
超~~~~~~~激辛野沢菜油炒め
正直、野沢菜の味はあまり感じません・・ ただただ辛いだけです
と言うか、舌の感覚無くなります
これ以上に辛い野沢菜油炒めは、この世に無いでしょう

冒険家・S

狸。

ペンション村、付近で何度か目撃していた、野生の
デジカメを持っていたので写真を撮れました

DSC02653_convert_20130202154618.jpg

まっ昼間から姿を見せていて、そっと近寄っても逃げません。
触ろうと思えば触れました

DSC02654_convert_20130202154829.jpg

可哀想な事に、皮膚病で元気が無かったのです
衰弱度と病気の進行具合から、そう長くはないでしょう・・

DSC02657_convert_20130202154948.jpg

自然界ですから、どうしようもないです
に、ひかれないことを祈るばかりです

冒険家・S

暖か過ぎる。

2月2日の朝の気温は+1℃
この時期に、こんな気温はあり得ない・・
4月上旬の気温です

目に見て分かる程に、雪が溶けてます。

DSC02650_convert_20130202154216.jpg

このまま春まで降らないでもらいたいもんですけど、そんな事無いでしょうネ

冒険家・S

野鳥達の朝食。

早朝から野鳥達が、ひまわりの種を食べに来ていて、餌場は大混雑しています。
最近では多い時で、15羽近くが集まって来て風情が無いです

そばざるにダブルで摑まってるのは、ヤマガラシジュウカラです
そしてその下には、大きなニホンリスも、おこぼれの種を食べに来ています

DSC00799_convert_20130124195647.jpg

毎日餌を補充しなくてはいけなく、餌代が大変です
来年用に夏、ひまわりを植えて餌の種を自分で作ろうと思います

冒険家・S


暖かな1日。

朝は-9℃と微妙に寒かったですけど、日中の暖かさは異常でした
まだ2月1日ですょ
世界的な異常気象なのでしょう

魔法の粉雪と言われている戸隠の雪質は、悪魔のベタ雪に変わり、屋根の雪が溶け落ち、駐車場の雪は溶け始め、道路の雪は溶けてアスファルトが出ていて、移動する分には助かります

DSC00890_convert_20130201211947.jpg

朝方澄んだ空に月

DSC00889_convert_20130201211856.jpg

この時期は湿度が低く乾燥しているので、月が綺麗に見えます
明日は今日より気温が上昇するとの予報です

天気が良くて、暖かく、道路にも雪が無い
しかし せっかくの土曜日の明日もお店は暇なのだろうなぁ・・

冒険家・S

ペンションこまくさのパン。

宿泊のお客さんの都合や関係で、販売しに来れない日もありますが
大久保の茶屋には毎週金曜日に、車で移動販売しに来てくれます。

DSC00894_convert_20130201212159.jpg

年末年始が過ぎて、本日久々の「こまくさパン
お昼前のお茶受け時にいただきました
朝焼き立てなので、最高に美味しいです

冒険家・S

鳥つけそば。

2013年より始めた、冬期間限定メニュー 「鳥つけそば」 (温かい鳥南蛮そばもあります)
予想を超える注文を受けています  ありがたいことです

鳥の油とネギが合わさり、そこにそば汁が加わるとコクのある味に変わります
私は冬ですけど、つけそばの方が好みです

DSC02520_convert_20130114165143.jpg

冬期間限定メニューですので、ご来店の際は是非注文して見て下さい

冒険家・S
プロフィール

boukenka s

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR