根雪になるのでしょうか・・

昨日は、朝から大粒の湿った雪が降ったり止んだり晴れたり曇ったりと、1日中 変な天気でした
しかも大久保地区から100㍍程、標高が下がった 戸隠支所や戸隠小学校辺りでは雨で、雪は降っておらず

DSC03881_convert_20161209234001.jpg

夕方から、長野市豊野の農機具屋さんに、草刈り機とチェーンソーのメンテナンスに行ったのですが 飯綱台座法師池から下では
そして市内は晴れていて、月と星まで見えている始末
遅くに帰宅したのですけど 近所のHさんが戸隠スキー場に用事で、毛無山では、膝まで雪が積もっていたそうです
来週OPEN予定の戸隠スキー場にとっては、恵の雪となるのでしょうか

冒険家・S
スポンサーサイト

2016年、そばざる編み。

今年は、戸隠竹細工組合の講師先生3人が教えてくれました
見本を見せてもらい そばざる編みSTART

DSC03841_convert_20161208224745.jpg

この板の○印が そばざるの大きさになる目印です。

DSC03842_convert_20161208225000.jpg

左が若干曲がっている割竹。
右が真っ直ぐ系の割竹。

DSC03844_convert_20161208230156.jpg

この割竹を指先で踏み押さえ固定しながら。

DSC03845_convert_20161208225541.jpg

編んで行きます

DSC03846_convert_20161208231042.jpg

今回が3年目の3回目なので、やりながら少しづつ思い出しながら組上げ

DSC03848_convert_20161208231218.jpg

編んで行きます
1年経つと忘れているもんです

DSC03850_convert_20161208230513.jpg

今回は編む時の割竹数を1度も間違えないで編む事が出来ました

DSC03851_convert_20161208231413.jpg

お昼は、仁王門屋さんにて、天ざる

DSC03852_convert_20161208232814.jpg

木板を取り付け。

DSC03853_convert_20161208225827.jpg

そばざるに反りを出し。

DSC03854_convert_20161208225405.jpg

力を加えながら、ゆるいカーブをつけつつ編みます

DSC03855_convert_20161208225656.jpg

枠付けをする材料を、竹細工職人さんがナタで上手に削って作ってくれます
凄い技術です

DSC03859_convert_20161208225935.jpg

特殊な道具を使い

DSC03861_convert_20161208225257.jpg

竹枠と竹皮で、編み繋げます

DSC03862_convert_20161208230322.jpg

途中で、竹に指が刺さり出血・・
写真のド真ん中に血痕。

DSC03864_convert_20161208230039.jpg

外側皮を3周巻き

DSC03866_convert_20161208230652.jpg

完成です
今年のは過去最高の出来栄えです

DSC03867_convert_20161208230815.jpg

左が竹細工職人作の見本そばざる。
右が私作 (まだ竹が新しいので、時間と共に馴染む色合いの、そばざるになります)

DSC03868_convert_20161208231553.jpg

重ねて見ると、当たり前ですが 
出来に差があります
私のは、隙間だらけ・・

DSC03869_convert_20161208231725.jpg

竹をナタで削って見ました。
難しい作業です

DSC03872_convert_20161208232521.jpg

皆で黙々と、そばざる編み

DSC03873_convert_20161208232353.jpg

下のブルーシートが隙間から見えて、水切りとしての機能は良い様に思えますが
竹細工としては、隙間無く編んだ そばざるの方が腕前が良いそうです。
また次回の機会にも、そばざる編み体験に参加したいと思います

DSC03876_convert_20161208232219.jpg

今年の年越しそばは、このそばざるに盛って食べよう

冒険家・S

各種仕込み作業。

昨日は、朝から恒例になった極度の二日酔いの中 そば打ち後に各仕込み作業を行いました(二日酔い時のそば打ちは地獄
寒くて冷え込み 霜柱が昼過ぎになっても立ったままでした

DSC03821_convert_20161207213349.jpg

まずは野沢菜切りの続き

DSC03822_convert_20161207212621.jpg

外に出しっ放しでしたので、冷え込み

DSC03823_convert_20161207213145.jpg

凍っていました

DSC03826_convert_20161207211816.jpg

全て切り終わったので、今度は野沢菜洗い
冷え込みで寒い中、水洗いで手が痛く麻痺状態

DSC03830_convert_20161207211648.jpg

今回、刈り取って来た畑の野沢菜は、半端じゃない程のカラマツ落ち葉が付着していて、洗うのに大苦戦
何度も何度も洗い 洗うのにめちゃ時間を要しました

DSC03831_convert_20161207211524.jpg

そうこうしていると、息子が帰って来て、手伝いたいと(年齢限定の今だけ)言っても聞かないので
仕方無く手伝ってもらい
醤油入れ作業をやらせました

DSC03834_convert_20161207212738.jpg

こちらの小さい樽には、牡蠣醤油漬け

DSC03835_convert_20161207212246.jpg

宮城県石巻産牡蠣です

DSC03838_convert_20161207214033.jpg

今年は温暖化の影響で、海水温が高かったのが影響したのと その時期の台風の影響で、牡蠣の成育が悪かったのと
更に大型台風で、大粒2年物が多数死滅してしまい
今年の牡蠣は大不漁となってしまい 今シーズンの牡蠣そばの牡蠣は、小さめとなっております
こればっかりは自然相手なので仕方がないです

DSC03840_convert_20161207213907.jpg

今年は仕方がないとしても、来年以降も天候次第では、どうなってしまうのだろう・・

本日は、戸隠麺’Z倶楽部での戸隠竹細工そばざる編み体験です
朝から1日、そばざる作りに行って来ます

冒険家・S

旬ではありませんが・・

当店1番人気の山菜天ざる&山菜天ぷらの素材です

DSC02881_convert_20161031002217.jpg

竹の子やコゴミにワラビ・山ウドと瓶詰め・塩漬け・冷凍保存
旬ではないですし、生山菜の味には劣りますけど 1年を通して食べれます
田舎の山奥まで来て、天ざる(エビ・野菜は日本各地何処でも食べれますいやいや違います
うちに来たら山菜ですょ

DSC02878_convert_20161031003322.jpg

昨日は色々あって牡蠣の仕込み処理と野沢菜を放置し何も出来ず
本日、完遂しちゃわなければ

冒険家・S

ゴジュウカラの食事。

ゴジュウカラが食事に来ています

DSC03456_convert_20161117210106.jpg

そばざるからジャンプし

DSC03457_convert_20161117210222.jpg

下の穴を開けている所からではなく、上からの食事 
ズルをしています。

DSC03465_convert_20161117211128_20161206045933444.jpg

本日は、冬季間営業での火曜定休日ですが
昨日、宮城県石巻から牡蠣が届いたので 牡蠣の下処理をしなくてはいけなくなり お店は定休日ですけど 仕込みで仕事すネ
それとこの間、刈り取って来た野沢菜 まだ切り途中なので野沢菜も切り終えて漬けてしまわなければ
本日午後から寒気の影響で冷え込み 雪の予報
今回の雪が根雪になるかな

冒険家・S
プロフィール

Author:boukenka s
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR